RT-Component

Author: 
ysuga

北陽電機のURGセンサのRTコンポーネントです.

ビルドしやすいように,プロトコルベースから独自に実装しています.
対応OS : Windows, Linux, MacOSX

ダウンロード

URL: https://github.com/sugarsweetrobotics/UrgRTC

ビルド方法

gitからコマンドラインで (OSX, Linuxでおすすめ)

gitコマンドを使える場合は非常にシンプルです.

$ git clone https://github.com/sugarsweetrobotics/UrgRTC.git
$ git submodule init
$ git submodule update
$ cd UrgRTC
$ mkdir build 
$ cd build 
$ cmake ../
$ make

Dowlaod Zipからソースコードをダウンロード(Windows?)

まず,URLの右側のDownload ZIPファイルからダウンロードします.それを展開してもビルドできません.

Author: 
Masaru_tatekawa
屋内地図モデルの簡易生成コンポーネント群

概要

  • 屋内地図の簡易生成アプリケーションの開発
    • 人間が用いる屋内地図の画像を元にプログラム上で処理に用いるための地図モデルへ変換する
    • 様々な形式へ変換できる元データ(座標群)を抽出するため、様々な用途が想定される
    • ユーザが処理に対して修正するためのウィンドウに対するマウス操作を出力するGUIを提供
    • 出力結果のデータを3Dで表示可能
    • 地図モデルは、ラインマップとグリッドマップの二種類を出力する

特徴

  • 再利用性のある画像処理コンポーネント群
    • OpenCVの関数に対し、Config上でパラメータを変更できるコンポーネント
  • 様々な地図画像の入力に対応
    • システムの各段階ごとに複数のコンポーネント群で構成されているため、
Author: 
みよし
 LeapMotionを用いたロボットマニピュレータの操作支援コンポーネント

概要

  • 空中ジェスチャ操作デバイスであるLeap Motionを用いたマニピュレータの操作支援用コンポーネント

特徴

  • データポートの型に画像処理用データ型(CameraImage)を採用
  • Leap Motion上での座標をマニピュレータ上での座標に変換
  • 手の開閉と回転情報も取得可能

仕様

  • 言語: C++
  • OS:Windows 7
  • コンパイラ:Visual Studio 2010 Ultimate
  • RTミドルウエア(C++):OpenRTM-aist-1.1.0-RELEASE
  • LeapMotionのSDKを利用しています.Leap Motion, Incより開発者用SDKをダウンロードしてください

コンポーネント群

latest Releases

For Begginers

Windows msi(installer) package (only trying samples)

Development environment is required for RT-Component development. See download page for details.

Number of Projects

Join our slack

Enter email address for slack invite.

OpenHRP3

Dynamics simulator

OpenHRI

Human-Robot-Interaction RTCs

OpenRTP

Integrated Development Platform

OpenINVENT

Mobile Robot RTCs