switching

Author: 
t_fujioka
動的システム変更を実現する RTC セット

概要

 本コンポーネント群は,複数のRTSをステートマシンで管理し,任意のイベントをトリガーとしてRTSの動的変更機能を実装したコンポーネント群です.
 例えば,動作する環境(部屋など)をまたいでロボットが動作する場合,その環境に合わせてRTSを変更することが可能です。

 ・動的システム変更では、DDCプロファイルを読み込み、特定のイベントが発生すると予め決めておいた別のStateへ遷移しRTSを動的に変更することが可能です。現状では、利用するRTCはすべて起動済みの状態のみのサポートです。RTCの動的起動は今後のサポートになります。
 ・RTC-CANopen Liteモードでは、従来のCANインターフェースを接続しなくては使用できなかったRTC-RANopenシステムを、CANインターフェースなしで利用できるようにRTC-CANopen依存を排除したRTCです。動的システム変更で用いているController RTCのコンフィグを変更し、RTC-CANopen StatusManagerRTCと連携することで実現しています。

Author: 
itoharu
SimuLike(コンポーネント群)

概要

  本コンポーネントは互いに異なるデータ型のデータポートを持つRTコンポーネントに対して,
  間を取り持つことでそれらの接続を実現するサンプルコンポーネント群です。
  データの微積分を行ったり、データのファイルからの読み込み、ファイルへの書き出しなどを行う
  機能を持ったRTコンポーネントも含んでいます。
  対応OS:Debian Linux + ART-Linux で動作を確認済み。

ライセンス

  修正BSDライセンスを適用しています。
  詳しくは、ご連絡をお願い致します。

Author: 
itoharu
TimedVelocityHubRTC

概要

  このコンポーネントはTimed Velocity データを複数に分岐するコンポー
  ネントです。

ライセンス

  修正BSDライセンスを適用しています。

Author: 
itoharu
LRSTimedMeasuredDataHub

概要

  このコンポーネントはLRS Timed Measured Data データを複数に分岐する
  コンポーネントです。

ライセンス

  修正BSDライセンスを適用しています。

Author: 
itoharu
TimedOdometryHubRTC

概要

  このコンポーネントはTimed Odometry データを複数に分岐するコンポー
  ネントです。

ライセンス

  修正BSDライセンスを適用しています。

連絡先

  豊橋技術科学大学 情報・知能工学系
    rtc@aisl.cs.tut.ac.jp
    〒441-8580 愛知県豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1-1
    TEL: 0532-44-6826 URL: http://www.aisl.cs.tut.ac.jp/

Author: 
gbiggs

フレキシブルなユーティリティコンポーネント

latest Releases

For Begginers

Windows msi(installer) package (only trying samples)

Development environment is required for RT-Component development. See download page for details.

Number of Projects

OpenHRP3

Dynamics simulator

OpenHRI

Human-Robot-Interaction RTCs

OpenRTP

Integrated Development Platform

OpenINVENT

Mobile Robot RTCs