Skip to main content
Home >> Projects >> RT-Middleware >> RTコンポーネントとRSNPを利用した画像処理システムの開発

RTコンポーネントとRSNPを利用した画像処理システムの開発

RTコンポーネントとRSNPを利用した画像処理システムの開発



問合先(メールアドレス): 
a1014so@aiit.ac.jp

概要

  • インターネットベースのロボットサービスのプロトコルであるRSNP(RSi策定)とマイクロサービスを利用し、RTCの情報をインターネット上に送信、かつインターネットからRTCの制御を可能にするゲートウェイRTコンポーンネント
  • ステレオビジョンモジュールと接続してステレオカメラから取得する人の動きをAR(augmented reality)技術によって表示する画像処理システム

特徴

  • ステレオビジョンボードの情報をインターネットへ送信
  • ステレオビジョンボードの情報送信や属性値をインターネットから制御
  • スマートフォンにてRTCの情報をAR技術により表示
  • 複数のスマートフォンに対応

仕様

  • 言語: Java
  • OS : Linux(CentOS5.5), Windows 7

コンポーネント

  • RSNPGatewayRTC:ステレオビジョンボードの情報をRSNPにてインターネットに公開する

ダウンロード

ライセンス

以下のソースコード及びライブラリを除く著作物については、産業技術大学院大学 成田研究室に帰属します。

  • VisionModule v1.0
  • VisionRTC v1.0.1
  • RSNPライブラリ v2.3
  • ARViewerSDK v1.0

Downloads



OS:  Windows ,  Linux
言語:  Java
OpenRTM ver.:  1.0
4
Your rating: None Average: 4 (1 vote)
更新履歴:2011/11/08

RTコンポーネントとRSNPを利用した画像処理システムの開

Développement Bell & Ross d'un système replique montres de traitement d'image en utilisant les composants et les RT RSNP