RTM on Androidを用いたAndroid用マルチセンサコンポーネント群

RTM on Androidを用いたAndroid用マルチセンサコンポーネント群

Author: 
Masaru_tatekawa
RTM on Androidを用いたAndroid用マルチセンサコンポーネント群

概要

  • RTM on Androidを用いてAndroid端末のセンサ情報を取得するコンポーネント群
  • 加速度センサをはじめとする主要センサ12種類のコンポーネントをそれぞれアプリケーション化
    • パソコンとの通信手段は共通ネットワークにつながっていること
  • センサ情報を各種センサに適したデータ型に変換するフィルタコンポーネント
    • 取得情報のテキストファイル出力(CSV対応)
    • テキストファイルの読み取り
    • 暴れ値の丸め処理(処理の強さはユーザが変更可)
    • ユーザ任意のタイミングで基準値0の変更

特徴

  • 複雑な環境設定を必要としないため、Androidへの知識が乏しく、Android端末用ソースを書けない人でも簡単に使用できる
  • センサに適したデータ型を出力するため、センサ情報を必要とする従来のコンポーネントでもすぐに使用可能
  • 取得データをテキストファイルとして保存できるため、万が一ネットワークが繋がらない場合でもデモを行える
  • Android端末のデザリングを使用しても起動が可能なため、無線環境の全くない場所(外でも)使用可能

更新情報

  • 2013/12/22に、ご意見「プロジェクトページからAndroid用アプリケーションを直接ダウンロードできるようにして欲しい」に対応いたしました。
    •  全てのセンサ用アプリケーションを一つのzipファイルにまとめてあります。
    •  今後、GetSensorsに関しましては改良予定がございます。(RTMコンテスト2013でいただいたご意見の実装)
    •  今後とも、よろしくお願いいたします。
  • 2013/12/18にGitHubに発表用資料(スライド)を追加しました。
    •  具体利用例に対する実際の実験動画も追加してあります。
    •  ご関心がございましたらご覧下さい。
  • 2013/12/07にマニュアル内に本コンポーネント利用例を追記しました。
    • 「外部コントローラとして使用する場合」「組み込みセンサとして活用する場合」「端末情報をアプリケーションで使用する場合」それぞれにおいて、実機を使用してのコンポーネント実装例を追加しました。
  • 2013/12/04にGPSに対応いたしました
    • GPS用コンポーネントアプリケーションと、GPSフィルタを実装いたしました。
  • 2013/12/01に全端末用コンポーネントアプリケーションの、バックグラウンド実装を行いました。
    • バックグラウンド時でもセンサリスナの確認を行い続けるため、GetSensorsをご使用いただかなくても複数センサの使用が可能になりました。
    • ですが、お使いの端末にどんなセンサがついているのかわからないなどの事がございます場合は、GetSensorsをお使いいただくと便利です。
    • 専属のセンサリスナを使用するため、個々それぞれのセンサ取得コンポーネントアプリケーションをご使用いただく方がセンサの情報取得頻度は高いです。
  • 2013/11/28に端末用コンポーネントアプリケーション「GetSensors」を追加しました。(追加に伴い、マニュアルも更新いたしました)
    • 一つのコンポーネントで複数のセンサを使用したいというご要望を頂いたため、ご用意しました。
    • 機動すると、端末に搭載されているセンサの一覧から、使用したいセンサを複数選択することができます。
    • ネームサーバに接続していただくと、選択したセンサに適応したOutPortを持つコンポーネントが起動します。

お断り

  • 本コンポーネント群には、株式会社セック( URL:http://www.sec.co.jp/ )のリリースした「RTM on Android」を使用しております。
  • RTM on Androidに関するライセンスは、SECのApacheLicenseに準じております。
  • 本コンポーネントを他作品や発表でご使用になる際は、ご一報いただくか、こちらの発表ページを添えてご使用ください。

仕様

  • 言語: Java
  • OS:Windows(Windows 7 Service Pack 1, Windows XPにて動作確認済み)

センサ

  • Acceleration
  • LinearAcceleration
  • Gyroscope
  • Gravity
  • MagneticField
  • Orientaiton
  • RotationVector
  • Light
  • Pressure
  • Proximity
  • AmbientTemperature
  • GPS

使用方法

使用したい端末のSDカードに、使用したいセンサ用のアプリケーションをコピーしてください。 次に、そのアプリケーションをアストロファイルマネージャーなどのSDカード内操作用アプリケーションで選択してください。 選択後に出るパッケージのインストールを行えば、ダウンロードにアプリケーションのアイコンが表示されます。 実行後、データを受け取りたいパソコンのネームサーバーを立ち上げ、Android端末をそのパソコンと同じネットワークに無線でつなげます。 アプリケーションに受信側パソコンのIPアドレスを入力し、「START RTC」をタップします。 RTSystemEditorに表示されるまで待ちます(ネットワーク強度しだいでは、少しかかる場合があります) あとは、従来のコンポーネントと同じように使用できます。
  • 詳しい使用方法につきましては、マニュアルを用意しましたのでダウンロードしてください。

説明資料

内容 PPT PDF Date
概要説明資料 RTMContestCatalog2013_1B3-3.ppt RTMContestCatalog2013_1B3-3.pdf 2014-01-15
発表時資料 RTM2013_発表時資料.pptx RTM2013_発表時資料.pdf 2014-01-15

ダウンロード

Ver. OS download document Date
1.0 Android2.3以上 AndroidApplications.zip UsedManual_1B3-3_20131129.pdf 2013-12-22
  • AndroidApplications.zipには以下13種類のアプリケーションが圧縮されています
    • GetAcceleration.apk
    • GetLinearAcceleration.apk
    • GetGyroscope.apk
    • GetGravity.apk
    • GetMagneticField.apk
    • GetOrientaiton.apk
    • GetRotationVector.apk
    • GetLight.apk
    • GetPressure.apk
    • GetProximity.apk
    • GetAmbientTemperature.apk
    • GetGPS.apk
    • GetSensors.apk
  • 他フィルタコンポーネント及びソースはこちらのページよりダウンロードをお願いします。
  • https://github.com/Ma13055/AndroidSensors
  • ページの右にDownloadZipがございます。
  • 展開していただいた後、フィルタコンポーネントをご使用の方は、 フィルタコンポーネントのフォルダ内にございます「bin.zip」をそのディレクトリに展開してください。 御手数ですが、よろしくお願いいたします。

ご意見・ご要望

誠に勝手ではございますが、不具合などございましたら、ご使用のコンポーネント名及び、不具合の具体内容などを添えて「y09148@shibaura-it.ac.jp」の立川までご一報ください。症状によっては、折り返し何度か連絡をさせていただく場合もございますので、ご了承ください。

動画URL

問合先(メールアドレス): 
y09148@shibaura-it.ac.jp
Resources
Project Information
OS: 
Windows
言語: 
Java
OpenRTM ver.: 
1.1
embedded video: 
Embedded thumbnail for RTM on Androidを用いたAndroid用マルチセンサコンポーネント群
Average: 
5
Average: 5 (1 vote)
Last modified: 
Sat, 2014-11-01 21:59

latest Releases

For Begginers

Windows msi(installer) package (only trying samples)

Development environment is required for RT-Component development. See download page for details.

Number of Projects

OpenHRP3

Dynamics simulator

OpenHRI

Human-Robot-Interaction RTCs

OpenRTP

Integrated Development Platform

OpenINVENT

Mobile Robot RTCs

Join our slack

Enter email address for slack invite.