ツール

tools.png

RTミドルウエアを利用して開発する際に使用する様々なツールが登録されています。 開発のプロセスや用途に合わせて適切なツールを選択し利用することで効率的な開発を行うことができます。

なお、ここにはNEDO次世代ロボット知能化技術開発プロジェクトの成果や、過去のRTミドルウエアコンテストの成果も登録されています。

>> 詳細検索

投稿者: 
openrtm
ロボットモデル作成ツール

概要

多関節ロボットの構造を簡単に設計するためのツールであり、他のRTコンポーネントからの入力によりロボットの動作確認等ができる。

特徴

  • エディタに図形を並べるだけい
  • 他のRTCからの入力により関節角度、並進距離を操作可能
  • センサ情報を表示
  • 作成したモデルはOpenHRP3で使用可能

ライセンス

LGPL

投稿者: 
shinsuke
RTS研究及び開発の独立・再利用化へのサポートツール

概要

RT-Middlewareによるコンポーネント指向ロボット開発により、ロボットモデル、低レベルのコンポーネント、高レベルのコントローラコンポーネントなど、以前より明確にロボット開発の役割を分担することが可能になった。この分担されたコンポーネント指向による開発作業において重要なのは、自分が集中すべき、得意な役割以外は、気にすること無く研究・開発が可能な点である。本ツールは、モデルの骨組みや抽象動作パターン、クラウドなどの概念を利用することでロボットシステムの分担された各工程をより独立・再利用化し、それぞれの研究・開発を促進するアプローチ方法、及びそれらを機能的、視覚的にサポートするツールを提供する。

投稿者: 
En
SEED PC

高信頼の車載ネットワーク”CAN”を用いた分散型RTシステムを構築する際、
全体でコンパクトにまとめるために、上位コントローラとして、
超小型の組み込みデバイス”SEED PC” にminiRTCsを導入しました。

紹介ブログ http://blogs.dion.ne.jp/ko_panda/archives/cat_376615-1.html

投稿者: 
miki
RoISフレームワークとRTコンポーネントの接続アダプタの開発

概要

OMG において標準化が進められているロボットサービスアプリケーションとHRI(Human Robot Interaction)機能コンポーネント間の共通インタフェース(メッセージ交換)の枠組みである Robotic Interaction Service (RoIS) Framework に基づくメッセージ交換機能を実現するミドルウェア、RTコンポーネントをRoIS FrameworkにおけるHRI機能コンポーネントとして利用するための接続アダプタ、接続アダプタを用いたサンプルプログラムを提供する。

rois.png

投稿者: 
Ando Noriaki
LEGO Mindstorms EV3 によるロボットプログラミング教材

LEGO Mindstorms EV3上にRTミドルウェア OpenRTM-aist を搭載し、ロボットプログラミング学習用途に供するための基盤開発環境です。

投稿者: 
openrtm
PatternWeaver for RT-Middleware

概要

ロボットシステム(RTシステム)構築用のソフトウェアプラットフォーム「RTミドルウエア」に対応したUMLモデリングツールです。統合開発環境であるEclipse上で動作し、RT機能要素(RTコンポーネント) の設計及び開発を強力にサポートします。

特徴

  • OpenRTM-aist-1.0.0(C++,Java,Python)に対応
  • UMLを用いたコンポーネント設計/システム設計支援
  • システム設計情報を基にした各種コードの自動生成
    RTC(C++,Java,Python) スケルトンコード
    CORBA IDL コード
    関連クラス(C++,Java,Python) スケルトンコード

ライセンス(公開条件)

1ライセンス:84,000円(税込)
  • ボリュームディスカウント,アカデミックライセンスもご用意しております。
  • ご購入前の評価版をご用意しております。
    ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
投稿者: 
Miyamoto Nobuhiko

概要・特徴

  • Choreonoid上でPythonのRTCを使うためのプラグイン。
    • シミュレータ上のアクチュエータ、センサなどの入出力をRTCのデータポート、サービスポートで行う。
    • Pythonで記述するためコンパイル不要。
投稿者: 
fkanehiro
移動動作設計ツール

移動動作設計ツールはロボットの2次元平面上での移動経路を設計する機能を提供します。

本ツールはEclipseプラグインとC++で記述されたRTコンポーネントで構成されます。

投稿者: 
ogasawara
RTリポジトリ

概要

RTリポジトリは、RTコンポーネントの仕様およびRTCモジュール、RTシステム仕様、ハードウェア仕様を蓄積/管理し、容易に利用するためのデータベースです。利用形態に応じて、インターネット版、イントラネット版、ローカル版のリポジトリを利用可能です。

ライセンス

非営利・非商用での利用に限り、評価版をご提供可能です。

Download

詳しくは、下記の連絡先までご連絡ください。

謝辞

本システムは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の次世代ロボット知能化技術開発プロジェクトの一環として開発されたことを記し、ここに感謝の意を表します。

投稿者: 
ogasawara
RTコンポーネントデバッガ

概要

RTCデバッガはRTコンポーネントを検証(テスト/デバッグ)するためのGUIツールです。RTコンポーネントのテスト効率向上、品質向上に貢献します。

  • Eclipseプラグインとして動作します。(Eclipseの動作するOSなら動作可能)
  • RTコンポーネントを検証するための機能として、データ入出力機能、アクティビティ検証機能、コンフィギュレーション検証機能、サービスポート検証機能、実行コンテキスト検証機能、データプロット機能、データストア機能、データ再生機能を持っています。
  • 複数のRTコンポーネントを集中監視することができます。
  • OpenRTM-aist-1.0, OpenRTM-aist-1.1に対応しています。

ライセンス

非営利・非商用での利用に限り、バイナリーファイルにて無償公開にしています。

ページ

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1632
プロジェクト統計
RTコンポーネント286
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

Join our slack

Enter email address for slack invite.

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム