IDLコンパイラ


MICO IDL

コンパイラ名 : idl
/usr/local/bin/idl, /usr/bin/idl など。
オプション: 例 idl --c++-skel --poa --no-boa RTCPackage.idl
C++で普通に使うにはこの程度でOK。
 > idl -h
 unknown option: -h
 usage: idl [<options>] [<file>]
 possible <options> are:
    --help
    --version
    --config
    --feed-ir
    --feed-included-defs
    --do-not-feed-included-defs
    --no-exceptions
    --codegen-c++
    --no-codegen-c++
    --codegen-idl
    --no-codegen-idl
    --codegen-midl
    --no-codegen-midl
    --cpp < cpp >
    --c++-suffix <filename-suffix>
    --c++-impl
    --c++-skel
    --codegen-wsdl
    --no-codegen-wsdl
    --hh-suffix <filename-suffix>
    --relative-paths
    --emit-repoids
    --do-not-query-server-for-narrow
    --repo-id <repository-id>
    --name <filename-prefix>
    --wsdl-map <filename>
    --ifdef-prefix <prefix>
    --poa
    --no-poa
    --boa    --    (deprecated)
    --no-boa
    --no-poa-ties
    --no-poa-stubs
    --pseudo
    --any
    --typecode
    --windows-dll <dll-prefix>
    --windows-dll-with-export <dll-prefix>
    --mico-core
    --gen-included-defs
    --gen-full-dispatcher
    --missing-nscorba
    --not-missing-nscorba
    --support-id
    --dont-support-id
    --wsi-wsdl
    --no-wsi-wsdl
    --include-prefix <include-prefix>
^L を受け付けない
改ページの^LがIDLソース中にあると受け付けない。
(omniidl ではそのまま通すことが可能。)

TAO IDL

gperf 問題
gperf はTAO付属のgperf を使う必要あり。FreeBSDでは/usr/bin/gperf (システムに付属か?)と/usr/local/bin/gperf(TAO付属) がある。
デフォルトでは $ACE_ROOT/bin/gperf を使うため、環境変数ACE_ROOTを設定するか、オプション -g <gperf_path> を設定する必要がある。
TAO_ROOT
環境変数 TAO_ROOT が設定されていないとTAOが提供するIDLを読み込めない。
さらに、TAO のORBのIDL (ex. /usr/local/include/tao/orb.idl) をインクルード

 #include <orb.idl>
しないと、TypeCodeなどが使えない。
 #ifdef TAO_IDL
 #include <orb.idl>
 #endif
などとして、他のIDLコンパイラと分ける必要あり。

ORBit2 idl

コンパイラ名 : orbit-idl-2
ORBitはデフォルトではC言語でコーディングすることになっている。
ヘルプ

 Usage: orbit-idl-2 [-D|-define STRING] [-I|-include STRING] [--libIDL-version]
        [-v|--version] [-l|--lang STRING] [-d|--debug INT] [--idlwarnlevel=INT]
        [--showcpperrors] [--nostubs] [--noskels] [--nocommon]
        [--noheaders] [--noidata] [-i|--imodule] [--add-imodule]
        [--skeleton-impl] [--backenddir=DIR] [--c-output-formatter=PROGRAM]
        [--onlytop] [--pidl] [--nodefskels] [--deps=FILENAME]
        [--headerguardprefix=STRING] [--output-dir=STRING] [-?|--help]
        [--usage] <IDL files>

ただし、Cのコードを使っているので、Cのコードも生成しておかないといけない。orz...
オプション
-l or --lang でcppを指定するとC++のコードを生成する。

ただし、Cのコードを使っているので、Cのコードも生成しておく必要がある。

 orbit-idl-2 RTCPackage.idl
 orbit-idl-2 -lcpp RTCPackage.idl

これにより、

 RTCPackage-common.c
 RTCPackage.h
 RTCPackage-cpp-common.cc
 RTCPackage-cpp-common.h
 RTCPackage-cpp-skels.cc
 RTCPackage-cpp-skels.h
 RTCPackage-cpp-stubs.cc
 RTCPackage-cpp-stubs.h
 RTCPackage-cpp.cc
 RTCPackage-cpp.h
が生成される。xxx-cpp.cc がすべてのソースを内部でincludeしているので、スケルトンとスタブの両方が必要ならこのソースのみコンパイルすればよい。

  • orbit-idl-2 の問題 struct の中に Object reference のシーケンスを入れるとスケルトンのコンパイルが通らない。
     struct ComponentProfile
     {
        PortProfileList inport_profile_list;
        PortProfileList outport_profile_list;
        ServiceProfileList service_profile_list;
        ServiceProfileList consumer_profile_list;
        RTC parent;
        RTCList children; // × typedefしたObject ref のsequenceはだめ
        sequence<RTC> children; // × typedefは関係ない
        sequence<RTC,100> children; // × bounded sequence もだめ
        sequence<short> children; // ○ Object ref でなければOK
     };

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1629
プロジェクト統計
RTコンポーネント286
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

Join our slack

Enter email address for slack invite.

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム