MICO_CCM

ccmd (mico-ccmd)

MICO に付属する CCM デーモン。 ccmd は単一ホスト上でのコンポーネントのインストール、デプロイされたコンポーネントの管理を行う。 したがって、複数ホストにコンポーネントを実行したい場合は各ホスト上で実行しなければならない。 mico-ccmd はComponentInstallation, AssemblyFactory および ServerActivator インターフェース(およびサービス)が実装されている。

ComponentInstallation
mico-ccmdが実行されているホスト上では、ComponentInstallation インターフェースを通してコンポーネント実装をインストールすることができる。
通常はmico-ccmloadによりコンポーネントをインストールする。
AssemblyFactory
AssemblyFactory を通してコンポーネントのアセンブリをオンデマンドで起動することができる。
ServerActivator
ServerActivator インターフェースを通してコンポーネントサーバーをオンデマンドで起動することができる。

デプロイメントツールはまず始めに、mico-ccmと通信しコンポーネント実装ファイルをアップロードし、そのホストでcomponentserverを起動する。 (コンポーネント毎にプロセス作るのか?) mico-ccmdは通常永続的バックグラウンドで動作するデーモンで、表立っては何もしない。 もし終了シグナル(SIGINT, Ctrl-C)を受け取ると、すべてのアセンブリおよびコンポーネントサーバーを終了させる。 最後に、インストールされたすべてのコンポーネント実装を削除し終了する。

オプション

--root <pkgdir> インストールされるコンポーネント実装が保存されるディレクトリへのパス。指定されなければカレントディレクトリに保存される。
--ior <filename> mico-ccmd の IORをファイルに保存したい場合はこのオプションでファイル名を指定する。ハイフンで標準出力に出力する。
-v 冗長オプション。コンポーネントサーバーのスタート、ストップ等のステータスメッセージを標準出力に出力する。(iorとぶつからない?www)
MICO ORB の標準オプションも使用可能。
  • ORBIIOPAddr により、特定のIPアドレスにORBをアサイン (-ORBIIOPAddr hoge.aist.go.jp::1234 等) することが可能である。 ポートが既知であれば、mico-ccmd をオブジェクトURLで指定することも可能である。 mico-ccmdのオブジェクトキーは "MicoCCMD" なので、
     corbaloc::<host>:<port>/MicoCCMD
    といったURLでccmdのオブジェクトを指定することができる。

ccmload (mico-ccmload)

ccmload は単一のコンポーネントを配置することができる簡単なデプロイメントツールである。 ccmloadはMicoCCMデーモンと通信し新たなコンポーネントサーバーを起動し新たなコンポーネントをロードする。 そして、共有ライブラリ <library file> からホーム <home name> をコンテナにロードする。 オプションとして、homeをネームサーバに登録することもできる。 <home name> はデプロイされるコンポーネントホームの完全な名前である必要がある。 <library name> は <home name> の実装を含む共有ライブラリファイル名でなくてはならない。 ccmloadは実装の共有ライブラリをアップロードするのではなく、ファイル名はMicoCCMデーモンがアクセスできるものでなくてはならない。

--ccmd <IOR> MicoCCM Daemon のオブジェクトリファレンスを与える。
--host <host>[:port] このオプションによりMicoCCM デーモンのアドレスとポートを与えることができる。ポート番号が指定されない場合のデフォルトポートは1234である。
--ns <name> デプロイされるホームを指定の名前でネームサーバに登録する。
--ior <filename> デプロイされるホームのオブジェクトリファレンスを指定のファイルに書き出す。ハイフンで標準出力に書き出す。
-v 冗長メッセージ出力

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1629
プロジェクト統計
RTコンポーネント286
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

Join our slack

Enter email address for slack invite.

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム