メインコンテンツに移動
ホーム >> OpenRTM付属のサンプルについて

OpenRTM付属のサンプルについて

OpenRTM-aistにはいくつかのサンプルコンポーネントが同梱されており、簡単に試用することができます。(USBCameraMonitor/USBCameraAcquireコンポーネントにはOpenCVが必要です。) サンプルコンポーネントのソースコードも付属してありますので、開発にお役立てください。

本章では,OpenRTM-aistに付属のサンプルについて説明します。
サンプルを試用する場合は,各サンプル・コンポーネントを起動する前にインストールしたネーム・サービスを起動しておいてください。

    • Start Naming Service.bat (C++)
    • rtc-naming.py (Python)
    • start-orbd.vbs (Java)


Windowsでネーム・サーバを実行するには、該当するファイルをダブルクリックしてください。インストーラを用いてインストールした場合は、スタートメニュー>OpenRTM-aist>Tools から実行することもできます。 なお、本章ではRTSystemEditorがインストールされた環境であることを想定し、説明しています。 RTSystemEditorのインストールについての詳細は、OpenRTM Eclipse tools のインストールを参照してください(一部のサンプルはRTSystemEditorがなくても動作します)。