RTミドルウェア

rtm_logo.png

ここには、OpenRTM-aistの他に、互換性のあるミドルウエア、またミドルウエアの拡張モジュール等が登録されています。

>> 詳細検索

投稿者: 
naritapbl2011
RTコンポーネントとRSNPを利用した画像処理システムの開発

概要

  • インターネットベースのロボットサービスのプロトコルであるRSNP(RSi策定)とマイクロサービスを利用し、RTCの情報をインターネット上に送信、かつインターネットからRTCの制御を可能にするゲートウェイRTコンポーンネント
  • ステレオビジョンモジュールと接続してステレオカメラから取得する人の動きをAR(augmented reality)技術によって表示する画像処理システム

特徴

  • ステレオビジョンボードの情報をインターネットへ送信
  • ステレオビジョンボードの情報送信や属性値をインターネットから制御
  • スマートフォンにてRTCの情報をAR技術により表示
  • 複数のスマートフォンに対応

仕様

  • 言語: Java
  • OS : Linux(CentOS5.5), Windows 7

コンポーネント

    投稿者: 
    Matsuda_R

    概要

    • 6自由度の短下肢リハビリデバイスを制御するために,6チャンネルのアナログ入力と12チャンネルのアナログ出力が必要である.Raspberry Pi1台をマスタ,Arduino Due6台をスレーブとしてシリアル通信を行うことで,この問題を解決するRTCを作成した.

    特徴

    • 複数台のArduino Dueに対応
    • Raspberry PiとArduino Due間の通信にUSBシリアル通信を採用

    仕様

    • 言語: Python
    • os:Raspbian Jessie

    コンポーネント群

    • SirialIn:Arduino Dueのアナログ入力の値をLong型データとして出力
    • SerialOut:Long型データをArduino Dueに入力しアナログ出力する

    ソースコード

      投稿者: 
      Masato Kozaki

      プロジェクト内容:介護に従事する者にとって困難の多い体温調節に関する介助は困難が多い。我々は、被介護者の持つ寒暑に関する感覚をセンシングし、介護者に伝えるシステムの必要性を感じ、介護者が生活を共にし、安らげる場所となっているベッドをエージェントとしたセンシングシステムを考案した。

      投稿者: 
      s-kurihara
      RTC-CANopen

      概要

      RTC-CANopenとは,安全バスシステムとして使用されているCANopenの特徴を取り入れた組込み向けのRT-Middlewareです.ネイティブバスであるCAN(Controller Area Network)を介して接続される各種デバイスと汎用PC上のRTCを相互に接続することが可能となっています.

      特徴

      • CANopenを使用した安全バスシステム
      • 組込み向けRT-Middleware
      • RTC,CANopenデバイスのPnP機能をサポート
      • デバイスを含めたシステムを容易に構築可能
      • 既存のCANopen製品が利用可能

      仕様

      • 汎用CPU:CANのインタフェースを持ち,OpenRTM-aistが動作するもの
      • OS:Windows,Linux(Ubuntu-9.10)
      • 組込CPU:CANインタフェースを持ち,CANopenを実装可能なもの
      投稿者: 
      itoharu

      概要

        T-Kernel上で動作するOpenRTM-aistです。
        詳しくは、以下のURLを参照してください。
          http://sourceforge.jp/projects/rtm-t-kernel/releases/54680/

      ライセンス

        LGPLライセンスを適用いたします。

      連絡先

        NECソフト株式会社
          openrtm-tkernel@necsoft.com

      Download

         ※オブジェクト、およびドキュメントは以下のURLから入手できます。

      投稿者: 
      ogasawara
      OpenRTM.NET

      概要

      OpenRTM.NETは、Microsoft .NET Framework上で動作するRTミドルウェア実装です。 OpenRTM.NETは以下のような特長を持っています。

      投稿者: 
      ogasawara

      概要

        PyRTSeamは、RTコンポーネント(RTC)を容易に開発するためのライブラリです。
        独立行政法人産業技術総合研究所が開発したRTミドルウェア実装である
        OpenRTM-aist-Python上で動作します。
        PyRTSeamを利用すると、RTCのソースコードが従来よりも簡潔になり、
        可読性が向上します。 これにより、RTCの開発効率、保守性が向上します。

      ライセンス

        MITライセンスを適用しています。

      Download

        弊社の自社サイトで公開しています。

      謝辞

        本システムは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
        次世代ロボット知能化技術開発プロジェクトの一環として
        開発されたことを記し、ここに感謝の意を表します。

      投稿者: 
      ogasawara
      VxWorks版OpenRTM

      概要

        ・OpenRTM-aist-C++をリアルタイムOSであるVxWorks上に移植
        ・有償のCORBA実装であるORBexpress RTを利用
        ・VxWorks5.5.1、VxWorks6.4に対応

      注意事項

        利用にあたっては、H/W, S/W に応じた利用手順がありますので
        まずは株式会社セックまでご連絡下さい。

      ライセンス

        EPLにて公開予定です。
        詳しくは、下記までご連絡をお願い致します。

      Download

        弊社の自社サイトでの公開を予定しています。
        詳しくは、下記へご連絡願います。

      投稿者: 
      openrtm

      JavaでRTコンポーネントをプログラミングするためのライブラリ。Windowsインストーラとビルド済みのjarファイルが用意されています。

      投稿者: 
      gbiggs

      OpenRTM-aist-C++でDDS(Data Distribution Service)を利用するトランスポートです。DDSはデータ中心で、チャネルでデータを配布します。得にリアルタイムシステムに快適です。

      ページ

      最新バージョン

      初めての方へ

      Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

      C++,Python,Java,
      Toolsを含む
      1.1.2-RELEASE

      RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

      統計

      Webサイト統計
      ユーザ数:1670
      プロジェクト統計
      RTコンポーネント288
      RTミドルウエア21
      ツール20
      文書・仕様書1

      旧Webサイト

      OpenRTM.org旧Webサイト

      OpenHRP3

      動力学シミュレータ

      Choreonoid

      モーションエディタ/シミュレータ

      OpenHRI

      対話制御コンポーネント群

      OpenRTP

      統合開発プラットフォーム

      産総研RTC集

      産総研が提供するRTC集

      TORK

      東京オープンソースロボティクス協会

      DAQ-Middleware

      ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

      VirCA

      遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム