デベロッパーズガイド(Armadillo-400シリーズ編)

series_a440_w300px.jpg

概要

このドキュメントは、アットマークテクノ社から発売されている、ARMベースの小型汎用CPU ボードArmadillo-400シリーズ(420, 440, 460)上でRTコンポーネントを動作させる方法について解説します。

Armadillo-400シリーズ

Armadillo-400シリーズは、Freescale i.MX25(ARM926EJ-S)を搭載した小型CPUボードです。 Armadillo-200シリーズと比較して、SDメモリカードスロット搭載、タッチパネル液晶インターフェース(440,460のみ)搭載、ROM/RAM容量の増強、Android対応などより使いやすい組み込みCPUボードとなっています。

アットマークテクノからは、さまざまなドキュメントが提供されていますので、RTCをArmadilloに移植する前にこれらをよく読んで理解してください。

Armadillo-400シリーズドキュメント
スタートアップガイド v1.1.7 PDF, HTML
製品マニュアル
ハードウェアマニュアル v1.8.0 PDF, HTML
ソフトウェアマニュアル v1.7.2 PDF, HTML
製品ドキュメント
リビジョン情報 v1.5.0 PDF, HTML
Atmark Dist 開発者ガイド v1.0.9 PDF, HTML
ATDE3 インストールガイド v3.0.1 PDF, HTML
開発ガイドブック
Armadillo実践開発ガイド 第1部 v2.2.0 PDF, HTML
Armadillo実践開発ガイド 第2部 v2.2.0 PDF, HTML
Armadillo実践開発ガイド 第3部 v2.1.0 PDF, HTML

これらのドキュメントは公式サイトで更新されていないかどうか、事前にご確認ください。

手順

Armadillo-400シリーズは組み込みCPUボードのため、PC上のクロスコンパイル環境上でRTコンポーネント開発し、それをSDメモリなどにコピーして起動させる必要があります。RTコンポーネントを動作させるまでの手順はおおよそ以下のようになります。

  • 開発環境 ATDE3 のセットアップ
  • クロス開発
  • コンポーネントの実行のための準備
  • SeqOutCompの実行
  • トラブルシューティング

なお、上記の「開発環境 ATDE3 のセットアップ」および「クロス開発」を実行した開発環境 ATDE3 for OpenRTM はこちらで配布していますので、これを利用する場合は コンポーネントの実行のための準備 から読み進めてください。

  • ATDE3 for OpenRTM

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1655
プロジェクト統計
RTコンポーネント288
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム