北陽電機 URGセンサRTC

北陽電機 URGセンサRTC

投稿者: 
ysuga

北陽電機のURGセンサのRTコンポーネントです.

ビルドしやすいように,プロトコルベースから独自に実装しています.
対応OS : Windows, Linux, MacOSX

ダウンロード

URL: https://github.com/sugarsweetrobotics/UrgRTC

ビルド方法

gitからコマンドラインで (OSX, Linuxでおすすめ)

gitコマンドを使える場合は非常にシンプルです.

$ git clone https://github.com/sugarsweetrobotics/UrgRTC.git
$ git submodule init
$ git submodule update
$ cd UrgRTC
$ mkdir build 
$ cd build 
$ cmake ../
$ make

Dowlaod Zipからソースコードをダウンロード(Windows?)

まず,URLの右側のDownload ZIPファイルからダウンロードします.それを展開してもビルドできません.
submoduleを使っているので,download zipボタンからダウンロードしたコードはビルドできないのです.
urglibモジュールをさらにダウンロードする必要があります.
URL: https://github.com/sugarsweetrobotics/urglib
ダウンロードしたファイルの中身を,先ほどのUrgRTCのurglibフォルダに入れます.
最後に,cmake guiを使って規定の手順でビルドしてみてください.

ちなみに,こちらからRangeDataViewerを使うと,RTC::RangeData型のデータを可視化できます.
https://github.com/sugarsweetrobotics/RangeDataViewer
Java版のRTCです.ビルド方法がわからない場合はフォーラムなどで質問してくださいね.

問合先(メールアドレス): 
ysuga@ysuga.net
Resources
Project Information
OS: 
Windows
Linux
FreeBSD
MacOSX
言語: 
C++
OpenRTM ver.: 
1.1
Average: 
0
まだ投票はありません
最終更新日時: 
日, 2014-11-30 18:46

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1656
プロジェクト統計
RTコンポーネント288
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム