ロボティクス開発環境「ZIPC-RT」

ロボティクス開発環境「ZIPC-RT」

投稿者: 
openrtm
ロボティクス開発環境「ZIPC-RT」

概要

「ZIPC-RT」はロボティクス開発を支援する開発環境です。 「コンポーネントベース開発」と「メカ・ソフト協調開発」「ドキュメント管理環境」から構成します。

特徴

  • 異常/例外系の対応モレを防ぐ状態遷移表設計手法を採用
  • 早期から安全性/利用品質を検証する統合検証シミュレータ
  • 実装ミスなくコードを自動生成するジェネレータ
問合先(メールアドレス): 
info@zipc.com
Resources
Project Information
Average: 
5
Average: 5 (1 vote)
最終更新日時: 
金, 2011-07-15 12:01

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1653
プロジェクト統計
RTコンポーネント288
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム