論文・受賞

paper.png
RTミドルウエアに関する論文および受賞に関する情報。 公開可能な論文については、PDFのダウンロード可能です。

論文リスト

主な論文

論文誌

  1. 安藤 慶昭, "OMG における Robotic Technology Component(RTC)および関連仕様の標準化動向(解説)", 日本ロボット学会誌, Vol.29, No.4, pp.333-336, 2011.05, ONLINE ISSN: 1884-7145, PRINT ISSN: 0289-1824
  2. Noriaki ANDO, Shinji KURIHARA, Geoffrey BIGGS, Takeshi SAKAMOTO, Hiroyuki NAKAMOTO, "Software Deployment Infrastructure for Component Based RT-Systems", Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.23, No.3, pp.350-359, 2011.06 被引用数:26
  3. 安藤 慶昭, 中岡慎一郎, 神徳徹雄, "分散コンポーネント型ロボットシミュレータ・アーキテクチャ-RTコンポーネントを用いた実機と可換な制御ソフトウェア開発機能-(解説)", 日本ロボット学会誌, Vol.26, No.5, pp.19-22, 2008.06, 0289-1824
  4. Noriaki Ando, Ken'ichi Ohara, Takashi Suzuki, and Kohtaro Ohba, "RTC-Lite: Lightweight RT-Component for Distributed Embedded Systems", SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration (SICE JCMSI), Vol. 2, No.6, November 2009 被引用数:7
  5. 永田 和之, 脇田 優仁, 山野辺 夏樹, 安藤 慶昭, "OpenRTM-aistによる生活支援ロボットのためのロボットアーム およびマンマシンインタフェースのRTコンポーネント開発", 日本機械学会論文集 (C編), Vol.76, No.766, pp.27-34, 2010.06
  6. 安藤慶昭, "初心者のためのRTミドルウェア入門-OpenRTM-aist-1.0.0とその使い方-(解説)", 日本ロボット学会論文誌, Vol.28,No.5, pp.

国際・国内学会

  1. Noriaki ANDO, Takashi SUEHIRO, Tetsuo KOTOKU, "A Software Platform for Component Based RT-System Development: OpenRTM-Aist", International Conference on SIMULATION, MODELING and PROGRAMMING for AUTONOMOUS ROBOTS (SIMPAR 2008), pp.87-98, 2008.11, Venice, Italy, ISSN 0302-9743 [PDF] 被引用数:101
  2. Noriaki ANDO, Takashi SUEHIRO, Kosei KITAGAKI, Tetsuo KOTOKU, "RT(Robot Technology)-Component and its Standardization - Towards Component Based Networked Robot Systems Development", International Joint Conference SICE-ICASE 2006, pp.2633-2638, 2006 被引用数:35
  3. Mizukawa, M., Suehiro, T., Ando, N., Nakamoto, H., Ikezoe, A., " Development of Light-Weight RT-Component (LwRTC) on Embedded Processor -Application to Crawler Control Subsystem in the Physical Agent System-", International Joint Conference SICE-ICASE 2006, pp.2618-2622, 2006 被引用数:14
  4. Noriaki ANDO, Takashi SUEHIRO, Kosei KITAGAKI, Tetsuo KOTOKU, Woo-Keun YOON, "RT-Component Object Model in RT-Middleware - Distributed Component Middleware for RT (Robot Technology) -", 2005 IEEE International Symposium on Computational Intelligence in Robotics and Automation (CIRA2005), p.We-B2-5, 2005.06, Espoo, Finland 被引用数:62
  5. Noriaki ANDO, Takashi SUEHIRO, Kosei KITAGAKI, Tetsuo KOTOKU, Woo-Keun Yoon, "Composite Component Framework for RT-Middleware (Robot Technology Middleware)", 2005 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM2005), pp.1330-1335, 2005.07, Monterey, California, U.S.A. 被引用数:21
  6. Noriaki ANDO, Takashi SUEHIRO, Kosei KITAGAKI, Tetsuo KOTOKU, Woo-Keun Yoon, "RT-Middleware: Distributed Component Middleware for RT (Robot Technology)", 2005 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2005), pp.3555-3560, 2005.08, Edmonton, Canada 被引用数:411

受賞

  1. SI2004ベストセッション講演賞、「RTコンポーネントによるロボットシステム開発-RTミドルウェアの基本機能に関する研究開発(その10)-」、第5回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会、安藤慶昭, 末廣尚士, 北垣高成,神徳徹雄, 尹祐根、2005/03/11
  2. 第20回日本ロボット学会研究奨励賞、「RT複合コンポーネントおよびコンポーネントマネージャの実装-RTミドルウエアの基本機能に関する研究開発(その8)-」、第6回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会、安藤 慶昭、2005/09/17
  3. SI2005ベストセッション講演賞 ,(社)計測自動制御学会,安藤慶昭, ルメアオリビエ, 北垣高成, 神徳徹雄, 末廣尚士、2005/12/18
  4. 今年のロボット大賞2007・部品ソフトウエア部門優秀賞、「国際標準準拠の RT ミドルウェア(OpenRTM-aist-0.4.0)」、今年のロボット大賞、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、(独)産業技術総合研究所、(社)日本ロボット工業会, 2007/12/20
  5. 2007年度計測自動制御学会・システムインテグレーション部門賞・技術業績賞「RTミドルウエア開発および標準化推進チーム」、故谷江和雄 他20名、(社)計測自動制御学会、2007/12/22
  6. SI2010優秀講演賞、「RTコンポーネントはどのように作ればよいか?」, 第11回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会、安藤慶昭, 栗原眞二, Biggs Geoffrey,神徳徹雄、2010/12/25
  7. SI2011優秀講演賞、「OpenRTM-aistによるビジョンシステムフレームワーク」, 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会、安藤慶昭, Steffen Wittmeier, Michael Jantsch, Alois Knoll, 2011/12/25
  8. 功績賞,計測自動制御学会システムインテグレーション部門(SI部門),RTMコンテスト実行委員会,2015/12/16

特許

  1. 特許第4910122号
    • 発明の名称:コンポーネント化制御システム
    • 特許権者:東京都千代田区霞が関1-3-1 独立行政法人産業技術総合研究所
    • 発明者:末廣尚士、北垣高成、神徳徹雄、尹祐根、安藤慶昭
    • 出願番号:特願2004-001562
    • 出願日:平成16年1月7日
    • 登録日:平成24年1月27日

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1604
プロジェクト統計
RTコンポーネント286
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム