RT-Component

RT-Component

投稿者: 
den
training_guide.jpg

概要

  • 高齢者の運動や,リハビリの場面において,モチベーション向上のためにヒューマノイドロボットが一緒に運動し声掛けを行う.

特徴

  • ヒューマノイドロボットがトレーニングのガイドを行う.
  • ヒューマノイドロボットが前向きな言葉をかける.
  • 立ち上がり時間の結果を表示する.

仕様

  • 言語:python
投稿者: 
Kohei KBT

can.jpg

概要・特徴

  • RTミドルウェアを使って人の動作に反応して映像が変化するディスプレイ付きゴミ箱
  • 映像は物理エンジン「Bullet」で作り,入れたゴミをタピオカに変換して落ちてくるようなもの
  • 高校の文化祭で展示し、多くの来場者に体験してもらった
投稿者: 
den
疲れたあなたを癒します

概要

  • 人の疲れを検知し、NAOによる心理テストを実勢、癒される画像などを表示する。

特徴

  • 心理テストの結果によって異なる癒しを提供する。

仕様

  • 言語: C++、python
  • OS: Windows、Linux

コンポーネント群

新規作成

  • Hello_Nao:enterを押すと数字の読みとりを開始する
  • web3,4:入力値によってwebページを表示する
  • Test6:文字を数字に変換する
  • Test5:ランダムに数字を入力する
  • nao_message:あたりの文字を出力する

再利用

    投稿者: 
    Masashi
    Dot-to-Dot

    概要

    • 移動ロボットを用いて地面に置かれた複数のマーカーをスキャンし,取得した各座標データからモニタ上に点をプロットし,それらを結んで絵を表示する.

    特徴

    • マーカーの個数と位置を工夫することにより,任意の絵を絵画することができる.

    仕様

    • 言語: C++,Python
    • OS: Windows、Linux

    コンポーネント群

    新規作成

    • moveCommander2:URGのレンジデータから,kobukiを壁に対して並走させ,角で90度回転させる.
    • ArUcoOutput2: ロボットとArUcoマーカの相対位置を計算するため、マーカ情報からロボットの正面にあるマーカ情報のみ出力する.
    • PythonUIComponent:取得した座標データとIDから,モニタ上に点をプロットし,線で結ぶ.
    投稿者: 
    金村 杏美
    ねずpiパーティ4

    概要

    • RaspberryPiMouseとWebカメラを用いた2vs2サッカーゲーム

    特徴

    • Webカメラによる色の識別を使った移動制御
    • ゲームの結果をディスプレイに表示

    仕様

    • 言語: C++
    • OS: Windows、Linux

    コンポーネント群

    新規作成

    再利用

    • JoystickToVelocity SMFLJoystickのデータをVelocity2D型に変更するコンポーネント
    • SMFLJoystick RaspberryPiMouseをジョイスティックで操作するコンポーネント
    投稿者: 
    豊田みのり
    きゃりーきゃりー

    概要

    • RTM × カメラ × ロボット
    • コントローラーでロボットを操作して,制限時間内にできるだけ多くのボールをゲット!

    特徴

    • ロボット視点でのゲーム
    • ロボット前方についたアームで物体をつかむ,移動することが可能

    仕様

    • 言語: C++、Python
    • OS: Windows、Linux

    コンポーネント群

    新規作成

    • RACDTimerController:コントローラーからの入力を各コンポーネントへ出力.
    • Timer:ゲーム開始から終了までの時間を計測.ゲーム終了時ロボットを停止.
    • CameraActivator:コントローラーからの入力で表示するカメラの切り替え.
    • DrawContour:カメラで表示されたボールにマーカーを付与.
    投稿者: 
    root
    モバイルロボットゲームパック

    概要

    • 複数の移動ロボットを用いた様々なゲームが出来るフレームワークを開発しました。

    特徴

    • ゲームのジャッジをするコンポーネントを組み替えることで、様々な方法の判定を行うことが出来ます。 (例)二台が近くなったら判定する「鬼ごっこ」コンポーネント、背中の”宝”を取られたら判定する「宝取り」コンポーネント

    仕様

    • 言語: C++
    • OS: Windows、Linux

    コンポーネント群

    新規作成

    • MarkerPosition RTC:SingleArUcoから送られるARマーカーの四隅の座標を基に、中心座標を計算、送信する。
    • Onigokko_GameJudge RTC :二台のARマーカーが近くなったら勝ち負けを判定し、ロボットのVelocityへかけるGainを変更するよう送る。
    投稿者: 
    harumi
    T型自律走行ロボット

    概要

    • Kinectを用いて人の姿勢を認識させ、その人へ向かって自立走行して目の前で止まるシステムである。
    • 移動体はT型ロボットベースを用いる。

    背景

    • 東京都日野市は、「スポーツ祭東京2013」の来場者に、 大会の情報提供、日野市の魅力発信、日野市内企業の技術力PR することを目的に、「日野おもてなしロボット」を作製することになった

    仕様

    • 言語: C++(仮)
    • OS: Windows(仮)

    コンポーネント群

    新規作成

    • WallGuidedPlanner
      • URGで障害物と判定された時に移動体の動きを止める。
    • Motion

      ページ

      ダウンロード

      最新バージョン

      初めての方へ

      Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

      C++,Python,Java,
      Toolsを含む
      1.2.1-RELEASE

      RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

      統計

      Webサイト統計
      ユーザ数:1839
      プロジェクト統計
      RTコンポーネント297
      RTミドルウエア28
      ツール22
      文書・仕様書1

      Choreonoid

      モーションエディタ/シミュレータ

      OpenHRP3

      動力学シミュレータ

      OpenRTP

      統合開発プラットフォーム

      産総研RTC集

      産総研が提供するRTC集

      TORK

      東京オープンソースロボティクス協会

      DAQ-Middleware

      ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク