クァッドロータを制御するRTコンポーネント群

クァッドロータを制御するRTコンポーネント群

投稿者: 
sasaki.akinori
クァッドロータを制御するRTコンポーネント群

概要

RTMコンテスト2012にて発表しますクァッドロータの制御を行うRTC群です。

特徴

  • RTC間のデータ送受信をサービスポートおよび共有メモリを利用して行います。
  • 上記の送受信の仕組みをテンプレートクラスShmInPort<T>,ShmOutPort<T>にまとめていますので,おおよそデータポートInPort<T>,OutPort<T>と同じように使えます。

開発,テスト環境

開発環境:
  • Ubuntu 12.04
  • ATDEv4

言語: C++

コンパイラ: GCC 4.4 以降

テスト環境:
  • Ubuntu 12.04 (x86)
  • atmark-dist 20120727 (ARM9 (i.MX25=Armadillo-440))

使用するライブラリ

  • Boost 1.46 以降

ライセンス

修正BSDライセンスに従います。 他のオープンソースソフトウェアに由来するコードは原著者のライセンスに従います。

ダウンロード

  • shmquadrtcs.tar.bz
    • 修正中のため,Armadillo用のファイルは含まれていません。ほぼ同じ構成でx86上でビルド, 実行可能なモックアップソースファイルを収録しています。共有メモリ利用のためのテンプレートクラス ライブラリは独立してビルド可能です。

ドキュメント

  • 上記圧縮ファイル shmquadrtcs.tar.bz を展開して得られる shmquadrtcs/doc/shmquadrtcs.pdf をご覧ください。
  • 順次加筆修正いたします。

ビルド方法

上記圧縮ファイルを展開したディレクトリにおいてmakeコマンドを実行してください。

 $ make x86

問合先(メールアドレス): 
sasaki.akinori <at>iri-tokyo.jp
Resources
Project Information
OS: 
Linux
言語: 
C++
OpenRTM ver.: 
1.1
Average: 
5
Average: 5 (1 vote)
最終更新日時: 
水, 2012-11-28 14:50

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1837
プロジェクト統計
RTコンポーネント297
RTミドルウエア28
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク