OpenRTP 1.2.1

eclipse_logo.png

パッケージ

1.2.1版はEclipse-4.7.3ベースです。

Windowsインストーラー

msiファイルは900MB以上のサイズがあります。ダウンロードを数分で行うためにはある程度高速な回線(50Mbps以上)を用いてください。

64bit用

Windows用インストーラー
(OpenRTM-aist、C++、Python、
Java版、および OpenRTP、
RTShell (4.2.2)を含む)
(Visual Studio 2010、2012、
2013、2015、2017、2019 共通)
OpenRTM-aist-1.2.1-RELEASE_x86_64.msi
MD5:be6b346d61768435d812cc032bc7a529
2019/11/25
Python-2.7 python-2.7.16.amd64.msi python.org
Python-3.6 python-3.6.8-amd64.exe python.org
Python-3.7 python-3.7.5-amd64.exe python.org
CMake cmake-3.15.5-win64-x64.msi cmake
Doxygen doxygen-1.8.16-setup.exe doxygen
  • ※Pythonは、"3.7"、"3.6"、"2.7"のいずれかのバージョンをインストールしてください。

32bit用

Windows用インストーラー
(OpenRTM-aist、C++、Python、
Java版、および OpenRTP、
RTShell(4.2.2) 含む)
(Visual Studio 2010、2012、
2013、2015、2017、2019 共通)
OpenRTM-aist-1.2.1-RELEASE_x86.msi
MD5:a9186d409cafc039432a0e1c6e7e02ef
2019/11/25
Python-2.7 python-2.7.16.msi python.org
Python-3.6 python-3.6.8.exe python.org
Python-3.7 python-3.7.5.exe python.org
CMake cmake-3.15.5-win32-x86.msi cmake
Doxygen doxygen-1.8.16-setup.exe doxygen
  • ※Pythonは、"3.7"、"3.6"、"2.7"のいずれかのバージョンをインストールしてください。

インストールについては、OpenRTM-aistを10分で始めよう!のページで手順を紹介しています。

Linuxパッケージ

現在のところ、以下のディストリビューション・バージョンでパッケージを提供しています。
以下で配布しているインストールスクリプトを利用すれば、必要なパッケージを一括でインストールできます。

ディストリビューション・バージョン 一括インストールスクリプト
Ubuntu 16.04 (xenial) i386/amd64
Ubuntu 18.04 (bionic) amd64
pkg_install_ubuntu.sh

オプションを指定することで、目的に合わせたパッケージをインストールできるようになりました。インストール方法やオプション、パッケージの種類につきましては、一括インストール・スクリプトをご確認ください。

OpenRTPの起動方法

Windowsでの起動

デスクトップのショートカットをクリックして起動します。スタートメニューでは、[OpenRTM-aist 1.2.1 ***]をクリックすると表示されるメニュー群からOpenRTPをクリックします。 OpenRTM-aistを10分で始めよう!のページで手順を紹介しています。

Linuxでの起動

任意のディレクトリで、openrtpコマンドで起動できます。

リリースノート: 1.2.1-RELEASE

    • Managerのinit関数を2回実行しようとする
    • idlcompile.bat、idlcompile.shのomniidl実行時のインクルードパスの設定方法の修正
    • JavaのRTCでBasicDataType.idlなどにidljを実行しようとする
    • JavaのRTCでidlj実行時にインクルードパスにBasicDataType.idl等を配置したパスを指定する
    • 存在しないデータ型を指定してもコード生成時にエラーにならない
    • データポートに指定された型の整合性チェックを追加
    • IDLビルド用ファイルのインクルードパスを修正
    • IDLコンパイルが必要なRTCでもビルドが通るbuild_***.xmlを生成する
    • Python版RTCのサービスポートのプロバイダのコードを修正
    • エディタ上のRTCを1回のクリックで選択できない現象を修正
    • RTCBuilderの「基本」タブの表記などを修正
    • JARA_ARMのインターフェースを指定した場合の生成コードを修正
    • C++版RTCの生成コードを修正
    • Java版RTCのインクルード用環境変数を変更
    • IDLファイルのチェック方法を修正
    • C++版CMakeLists.txtのCPackでIDLファイルを含める
    • サービスポートのインターフェース型にManipulatorCommonInterface_XXXを指定した場合でも***_idl_example.pyを生成するように修正

Download

latest Releases

For Begginers

Windows msi(installer) package (only trying samples)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

Development environment is required for RT-Component development. See download page for details.

Number of Projects

Choreonoid

Motion editor/Dynamics simulator

OpenHRP3

Dynamics simulator

OpenRTP

Integrated Development Platform

AIST RTC collection

RT-Components collection by AIST

TORK

Tokyo Opensource Robotics Association

DAQ-Middleware

Middleware for DAQ (Data Aquisition) by KEK