Project

General

Profile

機能 #233

RTC関連オブジェクトのCORBAからの分離

Added by n-ando almost 13 years ago. Updated over 12 years ago.

Status:
却下
Priority:
通常
Assignee:
Target version:
-
Start date:
10/29/2008
Due date:
11/07/2008
% Done:

100%

Estimated time:
40.00 h

Description

doilの導入に伴い、RTC関連オブジェクトをCORBAから分離する。
分離するにあたり、idl->C++マッピングは、Iceに似たできるだけ自然な形のマッピングとする。
IDLのインターフェース型は、単純にインターフェースのポインタ型とする。
また、導出されたマッピングをいったんインターフェースとして定義し、実装クラスとは分離する。

実装しなおすオブジェクトは以下の通り、

  • ComponentAction
  • DataFlowComponent
  • DataFlowComponentAction
  • ExecutionContext
  • ExecutionContextService
  • Fsm
  • FsmObject
  • FsmParticipant
  • FsmParticipantAction
  • FsmService
  • LightweightRTObject
  • Mode
  • ModeCapable
  • MultiModeComponentAction
  • MultiModeObject
  • PortService
  • RTObject

インターフェースはこれらのクラス名に接頭辞'I'をつけた名称とする。
実装クラスは、これらの名称に接尾辞'Impl'をつけた名称とする。
これらの実装にはCORBAもしくはそれに類する機能を一切使わないこと。

History

#1 Updated by ta over 12 years ago

  • Priority changed from 急いで to 通常

#2 Updated by n-ando over 12 years ago

  • Status changed from 新規 to 却下
  • % Done changed from 0 to 100

doilの導入が延期されたので中止する。

Also available in: Atom PDF