Project

General

Profile

機能 #3401

② ネームサービス操作関数セットの実装

Added by n-ando almost 6 years ago. Updated about 3 years ago.

Status:
終了
Priority:
通常
Assignee:
Start date:
12/22/2015
Due date:
03/25/2016
% Done:

100%

Estimated time:
30.00 h

Description

ネームサービスにコンポーネント内部から、あるいはマネージャの拡張モジュールなどからアクセスし、登録されているRTCを取得する仕組みを実装すること。

test_Manager_Servant_new.py (4.93 KB) test_Manager_Servant_new.py miyamoto, 02/27/2016 05:22 PM

Associated revisions

Revision 667 (diff)
Added by miyamoto over 5 years ago

[compat,->RELENG_1_2] add string_to_component() to NamingOnCorba. refs #3401

Revision 674 (diff)
Added by miyamoto over 5 years ago

[compat,bugfix,->RELENG_1_2] The bug of NamingOnCorba.string_to_component() has been fixed. refs #3401.

History

#1 Updated by miyamoto almost 6 years ago

  • Due date set to 03/25/2016
  • Assignee set to miyamoto
  • Target version set to RELEASE_1_2_0
  • % Done changed from 0 to 20
  • Estimated time set to 30.00 h

#2 Updated by miyamoto over 5 years ago

以下の指定方法でネーミングサービス上のRTCのオブジェクトリファレンスを取得する機能を実装した。

rtcname://localhost:2809/test.host_cxt/RTC0
rtcname://localhost/test.host_cxt/RTC0
rtcname://localhost/RTC0

また以下のように記述する事で途中のコンテキストを無視してインスタンス名だけで検索する事ができる。

rtcname://localhost:2809/*/RTC0

ホスト名を*と記述することでrtc.confのcorba.nameserversで指定したネーミングサービスから取得する。

rtcname://*/test.host_cxt/RTC0

#3411の機能と同じく、NamingManagerのstring_to_component関数で取得できる。

この機能の実装のために、NamingOnCorbaクラスにstring_to_component関数を追加した。

添付のコードでテストを行った。

まず別プロセスで起動したRTCのオブジェクトリファレンスを取得できるかを確認した。

rtcname://localhost/test.host_cxt/TestComp20

次にホスト名を省略してRTCのオブジェクトリファレンスを取得できるかを確認した。

rtcname://*/test.host_cxt/TestComp20

そして途中のコンテキスト名を省略してRTCのオブジェクトリファレンスを取得できるかを確認した。

rtcname://*/*/TestComp20

#3 Updated by n-miyamoto almost 4 years ago

  • Status changed from 新規 to 解決
  • % Done changed from 20 to 100

#4 Updated by n-miyamoto about 3 years ago

  • Status changed from 解決 to 終了

Also available in: Atom PDF