Project

General

Profile

バグ #4115

RTC間の接続線が描画されないことがある

Added by n.kawauchi over 4 years ago. Updated about 4 years ago.

Status:
終了
Priority:
通常
Assignee:
Start date:
06/09/2017
Due date:
% Done:

100%

Estimated time:

Description

Debian8.0とFedora25(各64bit環境)で問題を確認。同じ手順の操作で、Ubuntu16.04は正常に動作することを確認している。

本事象は、OpenRTM-aist 1.2.0版のインストールテスト中に確認。
OpenRTPはパッケージからインストールした場合と下記URLの全部入りパッケージを使った場合のどちらも同じ症状になることを確認している。
http://staging.openrtm.org/pub/openrtp/packages/1.2.0.v20170530/eclipse442-openrtp120v20170530-ja-linux-gtk-x86_64.tar.gz

Debian, Fedoraで実際に確認した手順は以下の通り
  • 新しいスクリプトで、OpenRTM-aistのC++,Python,JavaとOpenRTP, rtshell全てをインストールしている環境を使用
  • C++サンプルのConsoleIn/ConsoleOutを起動
  • OpenRTPを起動
  • RTSystemEditorのSystem Diagram画面にて2つのRTCを接続しようとしても接続線が描画されない
    • 接続時のConnector Profile画面でOKボタンとキャンセルボタンの色が同じまま
  • 接続線が表示されない状態からOpenRTPだけ起動し直すと、System Diagram画面にdrag and dropしただけで接続されていることを確認できる

Associated revisions

Revision 742 (diff)
Added by kawauchi over 4 years ago

[compat] Clean option has been modified to work. refs #4115

History

#1 Updated by n.kawauchi over 4 years ago

  • Status changed from 新規 to 解決
  • Assignee changed from ga to n.kawauchi
  • % Done changed from 0 to 100
  • r742 で対応済み
  • この件はUbuntuでも発生する問題だった
  • 発生条件は、openrtpのインストール前後でJavaのバージョンが変わった環境でOSを再起動せずに動作させている場合
  • OS再起動後は問題ない
  • Debian8.0とFedora25は、
    • デフォルトでJREがインストールされているので、OpenRTM-aist-Javaをインストールしなければこの問題は発生しない
    • OpenRTM-aist-JavaをインストールするとJDKがインストールされるためJavaのバージョンがアップグレードされて発生した
  • Ubuntu16.04は、
    • デフォルトでJREがインストールされていないため、openrtpの依存でJREがインストールされこの問題が発生する
  • OSを再起動せずに接続線が描画されるようにするためには、openrtp -clean で起動し直せばよい
  • 今回、openrtpをパッケージでインストールし、パスが通っているため任意のディレクトリでopenrtpを実行した場合での、
    cleanオプション付き実行時に問題があったのでスクリプトを修正した

#2 Updated by n-ando about 4 years ago

  • Status changed from 解決 to 終了

Also available in: Atom PDF