Project

General

Profile

機能 #424

ログ出力機能

Added by n-ando over 15 years ago. Updated over 15 years ago.

Status:
終了
Priority:
通常
Assignee:
-
Target version:
-
Start date:
02/26/2009
Due date:
% Done:

100%

Estimated time:

Description

以前のログ出力機能を見直し新たなログ出力機構を設ける。
大きく分けると
  • ログ出力をシリアライズし、かつ分配するバッファクラス
  • ログをフォーマットするフォーマットクラス
    に分けられる。
  • バッファクラス
    • マルチスレッド書き込みに対してシリアライズしてバッファリングする
    • 複数の出力先にログを出力できるようにする
    • 出力先の例としては、ファイル、標準出力、リモートのログサーバ等
    • 出力は容易に拡張できるようにする
    • バッファに対してaddStreamで出力先を追加できるようにする
  • フォーマットクラス
    • ログレベルを指定して出力できるようにする
    • 書式は、[時間] [ログレベル] [サフィックス] [メッセージ]
    • [時間] [ログレベル] [サフィックス]は自動付加
    • [サフィックス] を指定できる関数を用意する
    • ログレベルは以下に変更(NORMALがなくなってFATALが追加)
      • RTL_SILENT, // 0: ()
      • RTL_FATAL, // 1: (FATAL)
      • RTL_ERROR, // 2: (FATAL, ERROR)
      • RTL_WARN, // 3: (FATAL, ERROR, WARN)
      • RTL_INFO, // 4: (FATAL, ERROR, WARN, INFO)
      • RTL_DEBUG, // 5: (FATAL, ERROR, WARN, INFO, DEBUG)
      • RTL_TRACE, // 6: (FATAL, ERROR, WARN, INFO, DEBUG, TRACE)
      • RTL_VERBOSE, // 7: (FATAL, ERROR, WARN, INFO, DEBUG, TRACE, VERBOSE)
      • RTL_PARANOID,// 8: (FATAL, ERROR, WARN, INFO, DEBUG, TRACE, VERBOSE, PARA)
    • このフォーマットオブジェクトに対するロック・アンロック機能を持たせる
  • Manager
    • バッファクラスのオブジェクトは、Managerに唯一のインスタンスが保持される
    • Manager::getLogStreamBuf()で取得できるようにする
    • logger.file_name には複数のファイルもしくは STDOUT/stdout を指定可能にする
    • logger.file_name に STDOUT/stdout を指定すると標準出力へ出力する

History

#1 Updated by Anonymous over 15 years ago

  • Status changed from 新規 to 終了
  • % Done changed from 0 to 100
  • ロガー仲介バッファ (MedLogbuf) を削除。
  • ロガーストリーム (LogStream) を削除。
  • ロガーバッファ (Logbuf) から Logging API を制御するように変更。
  • ログレベルは Logging API の機能を使用するように変更。
  • ログ出力の日付時刻のフォーマットは strftime 同等に変更。 (Formmater クラスを使用 )
  • ログレベルの設定、フォーマットはオブジェクトごとに設定できる。

Also available in: Atom PDF