Project

General

Profile

整備 #4570

rtm-namingへネームサービス終了用オプションを追加する

Added by n.kawauchi over 3 years ago. Updated over 3 years ago.

Status:
解決
Priority:
通常
Assignee:
Target version:
-
Start date:
07/19/2018
Due date:
% Done:

100%

Estimated time:

Description

  • #4546 でkill-rtm-namingとして整備したが、この動作をrtm-namingの「-k」オプションで動作するようにする
    rtm-naming -k -f -w password
  • -kオプションで実行後にネームサービスを開始する場合は、「rtm-naming」「sudo systemctl start omniorb4-nameserver.service」の
    どちらの操作でも動くように整える

History

#1 Updated by n.kawauchi over 3 years ago

  • Project changed from RT System Editor to OpenRTM-aist (C++)

#2 Updated by n.kawauchi over 3 years ago

  • Status changed from 新規 to 解決
  • % Done changed from 0 to 100
  • r3392-3393にて対応完了
  • ネームサービス終了時(rtm-naming -k)は以下の処理を行っている
    1. /etc/init.d/omniorb4-nameserver stop を実行
    2. /var/run/omniNames.pid 削除
    3. omninamesのbak,log,datファイルを削除(カレントディレクトリと/var/lib/omniorb下)
  • Ubuntu18.04は、ネームサービスが起動したままOSをshutdown, rebootした場合、OS起動時にomniNamesプロセスが自動起動しない
  • この環境でrtm-namingを実行すると、下記の処理を経て起動できる動作を確認
    • 1回目の/etc/init.d/omniorb4-nameserver start実行。これでomniNamesプロセスは起動しない。
    • /etc/init.d/omniorb4-nameserver stop実行。上記の1-3の処理を行う。
    • 2回目の/etc/init.d/omniorb4-nameserver start実行。これにてomniNamesプロセスが起動する。

#3 Updated by n.kawauchi over 3 years ago

  • Fedora用OpenRTM-aist.spec.inにもkill-rtm-naming定義を追加していたので削除した
  • r3400にて対応完了

Also available in: Atom PDF