Project

General

Profile

Activity

From 03/22/2018 to 04/20/2018

04/20/2018

06:10 PM バグ #4520 (解決): OpenRTM-aist-Pythonのmsm生成時、rtcprof_python.batが含まれないようにする
* マスターマネージャーがスレーブマネージャーを経由してRTCを起動する際の不具合対応
* Pythonは、rtcprof_python.exeでRTCのプロファイル取得したいのだが、このexeと同じ名前のbatファイルがカレントデ...
n.kawauchi

04/09/2018

05:34 PM バグ #4511 (解決): ownedのECのProfileのowner属性にRTCのリファレンスを代入する。
bindComponent関数内で設定するようにしました。... n-miyamoto
01:45 PM バグ #4511 (終了): ownedのECのProfileのowner属性にRTCのリファレンスを代入する。
ownedのECのProfileのowner属性にRTCのリファレンスを代入する。 n-ando
01:47 PM 機能 #4512 (新規): ComponentObserverからデータポートの入出力を通知するイベントを発行する
ComponentObserverからデータポートの入出力を通知するイベントを発行する
n-ando

04/06/2018

06:21 PM バグ #4509 (解決): スレーブマネージャ起動時にmanager.modules.load_pathを¥で区切った場合に¥が消える
コマンド入力時に\\を\\\\に置き換えたら解決しました。 n-miyamoto
06:11 PM バグ #4509 (終了): スレーブマネージャ起動時にmanager.modules.load_pathを¥で区切った場合に¥が消える
n-miyamoto
05:42 PM 機能 #4507 (解決): 一度rtcprofでプロファイルの取得に失敗したモジュールは、次にgetLoadableModulesが呼ばれた時にはプロファイルの取得を行わないようにする
n-miyamoto
05:36 PM 機能 #4507 (終了): 一度rtcprofでプロファイルの取得に失敗したモジュールは、次にgetLoadableModulesが呼ばれた時にはプロファイルの取得を行わないようにする
n-miyamoto

03/26/2018

07:01 PM 機能 #4497: モジュール探索時に、指定したパス以下のディレクトリに存在するファイルを探索するようにする
#4498とほぼ同じ。
coilのFile.hにfindFile関数、getFileList関数を定義した。
WindowsとLinuxで別々に定義してある。
VxWorksについては1.2リリース後に対応する。
n-miyamoto
01:03 PM 機能 #4497 (担当): モジュール探索時に、指定したパス以下のディレクトリに存在するファイルを探索するようにする
manager.modules.load_pathを以下のように指定した場合、Components以下のファイルを全て調べるようにする。... n-miyamoto

03/22/2018

01:44 PM バグ #4489 (新規): マスターマネージャから多言語のコンポーネントを起動できない。
RTSEから多言語(python、Java)のコンポーネントを起動すると「FAILED to create taget RTC」が表示されてRTCが起動できない。 katami
 

Also available in: Atom