Project

General

Profile

バグ #2353

ExecutionContextWorkerのデッドロック

Added by n-ando over 12 years ago. Updated over 12 years ago.

Status:
終了
Priority:
通常
Assignee:
-
Target version:
-
Start date:
02/06/2012
Due date:
% Done:

100%

Estimated time:

Description

ExecutionContextWorkerにおいて、invokeWorkerXXX系の関数でm_compsをmutex保護しているため、Workerがブロッキングするケースで他の関数(get_component_state()等)との間でデッドロック(あるいは単なるロック)が発生する。
コンポーネントリストm_compsはWorkerXXXの最後で呼ばれるupdateComponentList()でのみ変更されるため、WorkerXXX()系関数ではロックを剃る必要がない。


Related issues

Related to OpenRTM-aist (C++) - バグ #2352: ExecutionContextWorkerのデッドロック終了2012-02-06

Related to OpenRTM-aist (Java) - 機能 #2347: ExecutionContextWorkerの実装終了2012-02-04

History

#1 Updated by Anonymous over 12 years ago

  • Status changed from 新規 to 解決
  • Assignee set to Anonymous
  • % Done changed from 0 to 100

ExecutionContextWorker実装(チケット #2347)の際に本件の対策を反映して実装。

#2 Updated by n-ando over 12 years ago

  • Status changed from 解決 to 終了

Also available in: Atom PDF