Project

General

Profile

整備 #3347

1.1.1版インストーラ・パッケージ作成に向けてバージョン番号を更新する

Added by n.kawauchi almost 7 years ago. Updated almost 7 years ago.

Status:
終了
Priority:
通常
Assignee:
Start date:
10/22/2015
Due date:
% Done:

100%

Estimated time:

Description

  • Windows用インストーラmsiファイルやLinuxパッケージファイル名に入るバージョンが1.1.1となるように修正する
  • 合わせて、1.1.0版のWindows用インストーラのUpgradeCodeのGUIDが、32bitと64bit版で同じ値になっていた不具合を解消させる

Associated revisions

Revision 614 (diff)
Added by kawauchi almost 7 years ago

[compat,package,installer] Version number has been updated to 1.1.1.

History

#1 Updated by n.kawauchi almost 7 years ago

  • Status changed from 新規 to 解決
  • % Done changed from 0 to 100
  • バージョン番号はtrunkソースに対して修正し、それをbranches/RELENG_1_1へマージした
    • 修正箇所については、リビジョン r614 を参照
  • UpgradeCodeに関する修正
    • OpenRTM-aist-Python.wxs.yaml.in で定義している
    • 今まで定義していたGUIDはx86版で継続使用し、x86_64用を新たに取得した
      OpenRTM-aist-Python.wxs.yaml.in
      
      Product:
          :
        UpgradeCode_x86: 958ED570-5471-4E82-8378-01C6068F31C2
        UpgradeCode_x86_64: F7D63C00-76EC-11E5-A8C6-005056C00008
      
    • UpgradeCodeを利用しているOpenRTM-aist-Python.wxs.inは、下記のように対応した
          <?if $(env.ARCH) = x86 ?>
          <Upgrade Id="{% Product.UpgradeCode_x86 %}">
          <?else?>
          <Upgrade Id="{% Product.UpgradeCode_x86_64 %}">
          <?endif ?>
      
    • この設定にて生成したmsiファイルをwxsファイルに展開して確認 ・・・OK!
      ・OpenRTM-aist-Python_1.1.1-RELEASE_x86.wxs
      
          <Product Id="{E9CBB6B0-7702-11E5-9CDD-000C292FC2EE}" 
              :
          Name="OpenRTM-aist-1.1.1-RELEASE (32-bit OS) for Python" 
          UpgradeCode="{958ED570-5471-4E82-8378-01C6068F31C2}" 
          Version="1.1.1">
      
      ・OpenRTM-aist-Python_1.1.1-RELEASE_x86_64.wxs
      
          <Product Id="{4696E29E-770A-11E5-A910-000C292FC2EE}" 
              :
          Name="OpenRTM-aist-1.1.1-RELEASE (64-bit OS) for Python" 
          UpgradeCode="{F7D63C00-76EC-11E5-A8C6-005056C00008}" 
          Version="1.1.1">
      
  • このUpgradeCodeの変更でも、1.1.0-RELEASE版から1.1.1-RELEASE版へのアップグレードの動作には影響ない。
    UpgradeCodeが1.1.0と1.1.1で同一のx86版でも、1.1.1版インストール時に古いバージョンを自動でアンインストールするという動作が実現できていないので、
    古いバージョンは前もって手動でアンインストールしてもらう必要があるため。
    自動でアンインストールの動作はC++版のインストーラでは実現できているので、Python版も1.1.1の次のリリースで対応予定としている。

#2 Updated by n-ando almost 7 years ago

  • Status changed from 解決 to 終了

Also available in: Atom PDF