Project

General

Profile

調査 #4551

CMakeLists.txtのテンプレートに含まれているfind_package(OpenRTM) を外した場合の動作を調べる

Added by n.kawauchi over 2 years ago. Updated over 2 years ago.

Status:
解決
Priority:
通常
Assignee:
Target version:
-
Start date:
06/01/2018
Due date:
% Done:

100%

Estimated time:

Description

  • Windows環境の場合はインストーラがシステム環境変数OpenRTM_DIRを定義しているので、CMakeはOpenRTMConfig.cmakeのディレクトリをすぐに特定できる。
    この環境では、CMakeLists.txtへfind_package(OpenRTM) を記載して検索してはいけないとのこと。(slack 原さんより)
  • CMakeを使う(find_packageを使う)ということは、なるべく環境変数に依存しない方がよい(ポータビリティが増します)ということですが、
    OpenRTM-aistはWindows環境の場合、32bit版、64bit版の両方をインストールして切り替えて使用することができるようにしているため、システム環境変数を利用している
  • Linux環境での動作も確認し、テンプレートの修正について調査する

Related issues

Related to RTC Builder - バグ #4559: C++用のCMakeLists.txtのテンプレートに含まれているfind_package(OpenRTM) を削除する解決2018-06-15

History

#1 Updated by n.kawauchi over 2 years ago

  • Status changed from 新規 to 解決
  • % Done changed from 0 to 100
  • C++用のトップのCMakeLists.txtに含まれる下記2行は削除してOK
    # Get necessary dependency information
    find_package(OpenRTM)
    
  • C++用は、このCMakeLists.txt中にもう1か所入っていて、2回宣言しているため
  • find_package(OpenRTM)を呼び出すことで、インストールされているOpenRTM-aistのバージョン番号を取得し、
    これをmsi,deb,rpmパッケージ作成時のインストール先パスとして利用している
  • 上記削除後のビルド動作をWindowsとFedora27で確認済み

#2 Updated by n.kawauchi over 2 years ago

  • Related to バグ #4559: C++用のCMakeLists.txtのテンプレートに含まれているfind_package(OpenRTM) を削除する added

Also available in: Atom PDF