Project

General

Profile

Activity

From 02/02/2016 to 03/02/2016

03/02/2016

10:45 AM 調査 #3462 (新規): ウィンドリバーLinux Pulser対応検討
http://www.windriver.com/japan/products/operating-systems/pulsar/ n-ando

02/18/2016

04:28 PM Revision 2707: [merge] r2706 have been merged from trunk.
kawauchi
04:03 PM Revision 2706: [compat,->RELENG_1_1] Forced reading of OMNI_ROOT has been added. refs #3442
kawauchi

02/17/2016

06:08 PM Revision 2705: [merge] r2703 have been merged from trunk.
kawauchi
06:01 PM Revision 2704: [merge] r2623,2644 have been merged from trunk.
kawauchi
04:15 PM Revision 2703: [compat,->RELENG_1_1] rtm-naming has been supported omniORB4.2. refs #3442
kawauchi
11:47 AM Revision 2702: Documentation for manager.components.preconnect configuration is updated.
n-ando

02/15/2016

01:18 PM 機能 #3274: ⑭ スレーブマネージャの名前によるグルーピング
コンポーネントを起動する際に、マスターマネージャにコンポーネント起動を依頼し、マスターは指定された名前やポリシーに従って、すでに起動済みのスレーブ上にRTCを起動したり、新たなプロセスを起動してそこにRTCをインスタンス化できる機能を... n-ando
01:17 PM 機能 #3269: ⑪ 共有メモリ型データポート接続機能
同一ノード内のコンポーネント間のデータポート接続において、マーシャリング後のデータのPutを共有メモリ経由で行うことで、TCP/IPスタックを経由することなく高速にデータ転送する機能を実装すること。 n-ando
01:17 PM 機能 #3265: ⑩ セキュアな通信機能
データポート、サービスポート間の通信をsslで保護する機能を実装すること。なお、この機能は、外部モジュールとして切り出せるように実装する必要がある。すなわち、セキュアな通信機能はモジュール化し、実行時に動的ロードすることで有効になると... n-ando
01:17 PM 機能 #3441 (終了): ⑨ サービスポートのダイレクト接続機能
同一プロセス内のデータポート接続において、required i/fがprovided i/fを呼び出すのに、オブジェクトリファレンス経由ではなく、マーシャリングをバイパスサーバントを直接呼ぶようにする機能を実装すること。 n-ando
01:16 PM 機能 #3264: ⑧ ダイレクトデータポート接続機能
同一プロセス内のデータポート接続において、OutPortがInPortの変数に直接書き込む(push型)、またはInPortがOutPortの変数を直接読む(Pull型)形でデータ転送をする方式を実装すること。 n-ando
01:16 PM 機能 #3263: ⑦ トピックベースのポート接続機能
DDSのようなトピックベースのポート接続機能を実装すること。ただし、この機能はデータポート、サービスポートにも利用できるように実装すること。
n-ando
01:15 PM 機能 #3440 (終了): ⑥ 起動時にコンポーネントをアクティベーションする機能(非同一プロセス)
コンポーネントコンフィギュレーションファイルに設定することで、起動時にネームサーバに登録されているコンポーネントをアクティベーションする機能を実装すること。 n-ando

02/03/2016

10:35 PM バグ #3438: hrpsys-base の rtm.py::reeadDataPort() を呼ぶと disconnect() で稀に落ちる
CORBA Objectがアクティブなのに、deactivateしservantをdelete仕様としている
→Servant使用中はdeleteできないようにロックをかけるべき?
→しかし、readDataPortの呼び出しシー...
n-ando
 

Also available in: Atom