Project

General

Profile

整備 #3958

FSMエディタ画面の右側のヒントを考える

Added by n-ando over 4 years ago. Updated about 4 years ago.

Status:
終了
Priority:
通常
Assignee:
Target version:
-
Start date:
02/16/2017
Due date:
% Done:

100%

Estimated time:

Description

FSMエディタ画面の右側のヒントを考える

History

#1 Updated by n-ando over 4 years ago

  • Status changed from 担当 to 解決
  • % Done changed from 0 to 100

FSMタブのヒントは以下の通りでお願いします。

ヒント(日本語)

FSM: FSM型コンポーネントを作成する場合にはここにチェックを入れてください。FSM型コンポーネントには次の二つのタイプがあります。
Static: 静的FSMコンポーネント。ソースコード上で静的に構造が決まるFSMコンポーネント。コンパイル後(Pythonは実行後)にFSMの構造を変更することはできません。一つのコンポーネント内で閉じたコンパクトなFSMコンポーネントを作る場合には、こちらを選択します。
Dynamic: 動的FSMコンポーネント。動的に構造を変更できるコンポーネント。一つの状態を一つのコンポーネント(FSM participant)として作成しておき、後で状態とイベント・遷移条件の関連付けを与え動的に振る舞いを変えることができますが、サイズは大きくなります。

SCXML: 状態遷移はSCXML (State Chart XML, W3C標準) で記述されます。
New: 新規にFSM構造を記述する場合は New を押してGUIエディタにてFSMを作成してください。結果はSCXMLファイルとしてソースコード保存場所に保存されます。
Edit: 一度記述した状態遷移を編集する場合には Edit を押して既存の状態遷移を編集することができます。
Import: 既存のSCXMLファイルを外部から与える場合は Import を押してください。ファイル選択ダイアログが開きますので、与えるSCXMLファイルを選択してください。

ヒント(英語)

FSM: Click the checkbox if you create a FSM (Finite State Machine) type component. FSM-Components have two types as follows.
Static: Static FSM component. This type defines FSM structure statically in the source code. After compilation (after execution in Python component), the FSM structure cannot be changed. If you need a compact and closed FSM component, please this type.
Dynamic: Dynamic FSM component. This component can be changed the FSM structure. This type realizes one-state as one-component (FSM participant), and its behavior can be changed in runtime giving its structure including number of state and its relation with transition event and condition. However, its size becomes bigger.

SCXML: FSM structure is described with SXCML (State Chart XML, W3C standard).
New: If you create a new FSM structure, push the New button and launch FSM GUI editor and create it. It will be stored in a SCXML, and it will be saved in source code folder.
Edit: If you edit current FSM structure again, please push the Edit button.
Import: If you give an existing SCXML file, please push the Import button. Select the SCXML file from the file selection dialog.

#2 Updated by ga over 4 years ago

ご連絡頂いた内容に修正させて頂きました r706

#3 Updated by n-ando about 4 years ago

  • Status changed from 解決 to 終了

Also available in: Atom PDF