Project

General

Profile

Activity

From 01/12/2012 to 02/10/2012

02/10/2012

06:02 PM 機能 #2357 (担当): Clock管理クラスを導入する
kurihara
06:02 PM 機能 #2360 (担当): LoggerでClockManagerを使用できるように修正する
kurihara
06:02 PM 機能 #2363 (担当): logger.clock_type
kurihara
06:01 PM 機能 #2348 (担当): ExecutionContextWorkerの実装
kurihara
06:01 PM 機能 #2351 (担当): RTObject_impl::initialize() 内のECの作成方法の修正
kurihara
06:01 PM バグ #2354 (担当): ExecutionContextWorkerのデッドロック
kurihara
06:01 PM バグ #2320 (担当): ECのコールバック実行順序を修正する
kurihara
06:01 PM 機能 #2343 (担当): RTObjectStateMachineの実装
kurihara

02/09/2012

10:43 AM バグ #2340 (解決): ExecutionContextProfile setOwnerのバグ他
Pythonでは、ExecutionContextProfileクラスを実装中であり、コミットはまだ行っていないが
上記のバグは把握しており対応済みのため解決とする。
kurihara

02/08/2012

12:05 AM 機能 #2313 (解決): どのコンポーネント個別confファイルを読んだか(&できれば内容も)」をRTC_DEBUG/TRACE_STRする
r513 にて対応。 kurihara
11:50 PM 機能 #2313 (フィードバック): どのコンポーネント個別confファイルを読んだか(&できれば内容も)」をRTC_DEBUG/TRACE_STRする
kurihara
12:04 AM Revision 513 (openrtm-python): Log messages have been added when RTC initialization failed. refs #2313
kurihara

02/07/2012

11:55 AM 機能 #2363 (担当): logger.clock_type
logger.clock_typeオプションを導入 n-ando
11:46 AM 機能 #2360: LoggerでClockManagerを使用できるように修正する
logger.date_format オプションが効いていないバグも修正する。(もしあれば) n-ando
11:45 AM 機能 #2360 (担当): LoggerでClockManagerを使用できるように修正する
LoggerでClockManagerから取得したクロックを使用してタイムスタンプを打てるように修正する。
n-ando
11:31 AM 整備 #2323: ExecutionContextBaseの見直し
h1. ExecutionContextBaseの実装について
ExecutionContextBase はテンプレートメソッドパターンで実装する。
* あるpublic関数 XXX() に対して、実際に操作を行う関数 X...
n-ando
11:09 AM 機能 #2357 (担当): Clock管理クラスを導入する
Clockをグローバルに管理クラスを導入する。
* シングルトンな ClockManager クラスを導入
* 内部に幾つかのクロックオブジェクトを保持
* getClock(clock type) でクロックオブジェクトを...
n-ando

02/06/2012

03:14 PM 機能 #2313: どのコンポーネント個別confファイルを読んだか(&できれば内容も)」をRTC_DEBUG/TRACE_STRする
あと、コミットメッセージに refs #ticket_number を入れて、Redmineのチケットから差分を参照できるようにしてください。
n-ando
03:13 PM 機能 #2313: どのコンポーネント個別confファイルを読んだか(&できれば内容も)」をRTC_DEBUG/TRACE_STRする
http://www.openrtm.org/redmine/projects/openrtm-aist-cxx/repository/revisions/2255
はr508に相当しますが、RTC_DEBUG/TRACE_ST...
n-ando
10:35 AM 機能 #2313 (解決): どのコンポーネント個別confファイルを読んだか(&できれば内容も)」をRTC_DEBUG/TRACE_STRする
r508 にて対応。 kurihara

02/05/2012

06:19 AM バグ #2354 (却下): ExecutionContextWorkerのデッドロック
ExecutionContextWorkerにおいて、invokeWorkerXXX系の関数でm_compsをmutex保護しているため、Workerがブロッキングするケースで他の関数(get_component_state()等)と... n-ando

02/03/2012

03:54 AM 機能 #2351 (終了): RTObject_impl::initialize() 内のECの作成方法の修正
RTObject_impl::initialize() 内のECの作成方法の修正を行う。
主な変更点は
* RTC個別configファイル(プライベートオプション)に従ってECを作成する。
* 個別configが指定されない...
n-ando
02:30 AM 機能 #2348 (終了): ExecutionContextWorkerの実装
ExecutionContextWorkerを実装する。 n-ando
02:25 AM 機能 #2343 (終了): RTObjectStateMachineの実装
RTObjectStateMachineを実装する。 n-ando
02:15 AM 機能 #2339: RTCに継承されるプロパティ inherit_prop と取扱方法の変更, DefaultConfigurationの変更
rtc.confに於いてexec_cxtをec変更するのは取り止めにする。
* ec->exec_cxt (ただし、コンポーネント個別のconfigファイルでは個別ECの指定にec.を使用)
* synchronous_xxx...
n-ando
11:41 AM 機能 #2339 (担当): RTCに継承されるプロパティ inherit_prop と取扱方法の変更, DefaultConfigurationの変更
kurihara
11:30 AM 機能 #2339 (終了): RTCに継承されるプロパティ inherit_prop と取扱方法の変更, DefaultConfigurationの変更
RTCに継承されるプロパティ inherit_prop に以下の修正を行う。
実行コンテキストのオプションは exec_cxt -> ec に変更。
synchronous transition関係のオプションが追加。
ecにp...
n-ando
12:53 AM バグ #2340 (終了): ExecutionContextProfile setOwnerのバグ他
ExecutionContextProfile::setOwner()でm_profile.ownerへの参照の代入が間違っているので修正する。
また、
* addComponent()
* setOwner()
* getO...
n-ando
01:21 PM Revision 512 (openrtm-python): merged r511
kurihara
01:19 PM 機能 #2302 (終了): LocalService の実装
n-ando
01:19 PM バグ #2316 (終了): ConfigurationSetのアクティブセットを<comp>.confで設定しても、見かけ上アクティブセットがデフォルトのままである
n-ando
01:19 PM バグ #2326 (終了): ManagerServant::delete_componentの挙動
n-ando
01:17 PM バグ #2336 (終了): RTObject_impl::exit() で再入すると落ちる
n-ando
11:40 AM バグ #2336 (解決): RTObject_impl::exit() で再入すると落ちる
r511 にて対応。 kurihara
11:11 AM バグ #2336 (終了): RTObject_impl::exit() で再入すると落ちる
RTObject_impl::exit() は2回呼ぶと、呼べてしまうので、再入しないように変更すべき。
exit()呼び出し済みフラグ m_exiting があるが、finalize() ではチェックしているが exit()ではチ...
n-ando
11:41 AM 整備 #2323 (担当): ExecutionContextBaseの見直し
kurihara
11:41 AM 機能 #2332 (担当): coil::Factoryに生成したオブジェクトを管理する機能を追加する。
kurihara
11:40 AM Revision 511 (openrtm-python): [compat,impl,bugfix] Now re-enter to exit() function is checked. refs #2336
kurihara

02/02/2012

10:30 AM Revision 510 (openrtm-python): r505-r509 merged.
kurihara

01/30/2012

12:28 AM 機能 #2332 (終了): coil::Factoryに生成したオブジェクトを管理する機能を追加する。
coil::Factoryに生成したオブジェクトを管理する機能を追加する。... n-ando

01/23/2012

04:12 PM Revision 509 (openrtm-python): Log messages have been added when RTC initialization failed.
kurihara
04:06 PM Revision 508 (openrtm-python): Now the manager config has a loaded configuration file name in config_file property.
kurihara
03:35 PM Revision 507 (openrtm-python): RTObject.getConfigService() has been added.
kurihara
03:26 PM Revision 506 (openrtm-python): Now StringUtil.flatten receives delimiter.
kurihara
03:16 PM Revision 505 (openrtm-python): Bug fix.
kurihara

01/18/2012

06:37 PM Revision 504 (openrtm-python): Directory for development.
kurihara
06:36 PM Revision 503 (openrtm-python): Directory for development.
kurihara
05:43 PM バグ #2326 (解決): ManagerServant::delete_componentの挙動
r502 にて対応。 kurihara
05:43 PM Revision 502 (openrtm-python): [compat change] ManagerServant::delete_component() has been changed. Now it just call RTC's exit() function, instead of calling Manager's deleteComp().
[compat change] Manager::instance() function now calls initManagerServant(). Bug. refs #2326 kurihara
05:25 PM 機能 #2302 (解決): LocalService の実装
実装、ユニットテスト、nameservice_fileでのテストを完了しコミット済み。 r501 kurihara
05:24 PM Revision 501 (openrtm-python): LocalService framework to realize additional services in the manager has been introduced.
Manager's call-backs to hook manager's events (manager, naming, RTC creation, etc.) have been implemented.
Local serv...
kurihara
 

Also available in: Atom