Project

General

Profile

整備 #325

pkg-configの導入

Added by n-ando about 13 years ago. Updated almost 12 years ago.

Status:
終了
Priority:
通常
Assignee:
Target version:
-
Start date:
01/10/2009
Due date:
% Done:

100%

Estimated time:

Description

Linuxにおいては現在、外部ライブラリパッケージのconfiguration情報やライブラリ情報を取得する方法としてpkg-configが一般的であるのでそれに対応させる。

  • pkg-configについて調査
  • pkg-configがないディストリについてはこれまで通りrtm-configを使用
  • pkg-configがあるディストリはpkg-configを使用、パッケージも対応させる
  • rtm-configはpkg-configがある場合はそれを利用し、なければ自前の情報を使う
  • したがってMakefileはこれまで通りrtm-config使用のままとする

History

#1 Updated by n-ando about 13 years ago

  • Status changed from 新規 to 終了
  • % Done changed from 0 to 90

OpenRTMおよびcoilに対して、pkg-configを導入した。

主な変更点は以下の通り
  • configure.ac
    • AC_CONFIG_FILES で libRTM.pc/libcoil.pc を生成
    • AC_ARG_WITH で --with-pkgconfigdir オプションを追加
    • AC_MSG_NOTICE で pkgconfigdir を追加
    • AC_SUBST(pkgconfigdir) を追加
    • AC_OUTPUT の Makefile (coil のみ)追加
  • utils/rtm-config および coil-config
    • Makefile.am に pkgconfigdirおよびpkgconfig_DATA定義を追加
    • libRTM.pc.in および libcoil.pc.in を追加

以上で、libdir/pkgconfig以下に libRTM.pc/libcoil.pc がインストールされ、pkg-configから参照できるようになるが、pkg-configの機能をより有効に使用するためには、以下の点で改良が必要。

  • 依存関係を.pc内のRequireに記述
    • configure で依存パッケージ名を順次拾って設定する必要あり
    • どのCORBAを使用するかによって大きく変わってしまうので
    • パッケージ名はディストリに関係なく同じなのか?

ただし、現在のところrtm-configですべて足りているので、あまり深入りはしない方がよいか?

#2 Updated by n-ando about 13 years ago

  • Status changed from 終了 to 却下

#3 Updated by n-ando about 13 years ago

  • Status changed from 却下 to 新規

#4 Updated by n-ando about 13 years ago

  • Status changed from 新規 to 担当
  • Assignee changed from Anonymous to n-ando

#5 Updated by n-ando about 13 years ago

  • Assignee changed from n-ando to Anonymous

#6 Updated by n-ando about 12 years ago

  • Assignee changed from Anonymous to harumi

rpm, debパッケージでpkg-configの.pcファイルがインストールされているかどうか調査。
もし、されていないようであれば、インストールされるようにspecファイル、debパッケージコントロールファイルを修正。

#7 Updated by n-ando almost 12 years ago

  • Status changed from 担当 to 終了
  • % Done changed from 90 to 100

Also available in: Atom PDF