Project

General

Profile

整備 #3353

1.1.1版インストーラ・パッケージ作成に向けてバージョン番号等を更新する

Added by n.kawauchi about 6 years ago. Updated over 4 years ago.

Status:
終了
Priority:
通常
Assignee:
Start date:
11/04/2015
Due date:
% Done:

100%

Estimated time:

Description

下記の修正を行う
  1. InterfaceDataTypes.idlの修正:Waypoint2D型のmaxSpeedメンバのデータ型をVelocity2Dに修正
  2. Windows用インストーラmsiファイルやjar.zip等のパッケージファイル名に入るバージョンを1.1.1とする
  3. 1.1.0版のWindows用インストーラのUpgradeCodeのGUIDが、32bitと64bit版で同じ値になっていた不具合を解消させる
  4. JDK8に対応する:インストール時のJDKバージョンチェックで、7と8はOKとする

Associated revisions

Revision 748 (diff)
Added by kawauchi about 6 years ago

[bug,incompat->RELENG_1_1] Fixed incorrect member types and name.

Revision 749 (diff)
Added by kawauchi about 6 years ago

[compat,installer,->RELENG_1_1] Version number has been updated to 1.1.1. Sample component startup script has been modified. refs #3353

Revision 750 (diff)
Added by kawauchi about 6 years ago

[compat,installer,->RELENG_1_1] UpgradeCode has been corrected that were same in msi of 32bit / 64bit. refs #3353

Revision 751 (diff)
Added by kawauchi about 6 years ago

[compat,installer,->RELENG_1_1] Supported JDK8. refs #3353

Revision 752 (diff)
Added by kawauchi about 6 years ago

[compat,installer,->RELENG_1_1] SinCosOut sample has been removed from installer of Windows. refs #3353

History

#1 Updated by n.kawauchi about 6 years ago

  • % Done changed from 0 to 80

1. InterfaceDataTypes.idlの修正:Waypoint2D型のmaxSpeedメンバのデータ型をVelocity2Dに修正

2. Windows用インストーラmsiファイルやjar.zip等のパッケージファイル名に入るバージョンを1.1.1とする

  • r749 で対応
  • 合わせてサンプルコンポーネントを起動するbatスクリプトを修正した
    • バージョン番号が入ったファイル名(OpenRTM-aist-1.1.1.jar)の直書き指定だったので、バージョン番号が変わっても対応できるように
      dirコマンドで該当ファイルを指定するように修正した
    • ただしこの方法でも問題が残っている。この処理の共通スクリプト(set_classpath)のショートカットは不要なのに作成されている。(チケット発行予定)
    • 1.1.1の次のリリースではマージモジュール化するため全面的に処理を書き換える予定なので、その際に対応する

3. 1.1.0版のWindows用インストーラのUpgradeCodeのGUIDが、32bitと64bit版で同じ値になっていた不具合を解消させる

  • r750 で対応
  • UpgradeCodeはOpenRTM-aist-Java.wxs.yaml.in で定義している
  • 今まで定義していたGUIDはx86版で継続使用し、x86_64用を新たに取得した
    OpenRTM-aist-Python.wxs.yaml.in
    
    Product:
        :
      UpgradeCode_x86: A8C8006F-E9D8-4528-AF4F-B8AE2D25AB47
      UpgradeCode_x86_64: FFA49C40-82CE-11E5-93B2-005056C00008
    
  • この設定にて生成したmsiファイルをwxsファイルに展開して確認 ・・・OK!
    ・OpenRTM-aist-Java_1.1.1-RELEASE_x86.wxs
    
    <Product Id="{44F38CB0-835C-11E5-8E9A-000C297C8936}" Codepage="1252" 
      Language="1033" Manufacturer="AIST" 
      Name="OpenRTM-aist-1.1.1-RELEASE (32-bit OS) for Java" 
      UpgradeCode="{A8C8006F-E9D8-4528-AF4F-B8AE2D25AB47}" Version="1.1.1">
    
    ・OpenRTM-aist-Java_1.1.1-RELEASE_x86_64.wxs
    
    <Product Id="{88BF1A40-8361-11E5-ADED-000C297C8936}" 
      Codepage="1252" Language="1033" Manufacturer="AIST" 
      Name="OpenRTM-aist-1.1.1-RELEASE (64-bit OS) for Java" 
      UpgradeCode="{FFA49C40-82CE-11E5-93B2-005056C00008}" Version="1.1.1">
    

4. JDK8に対応する:インストール時のJDKバージョンチェックで、7と8はOKとする

  • r751 で対応
  • 動作はoracleJDKのjdk-7u75-windows-i586とjdk-8u60-windows-i586をそれぞれインストールしている環境で確認 ・・・OK!
  • JDK8環境でのサンプルコンポーネントの動作を確認する
    • Composite.bat ・・・OK!
    • ConfigSample.bat ・・・OK!
    • ConsoleIn.bat / ConsoleOut.bat ・・・OK!
    • GUIIn.bat ・・・OK!
      • GUIIn -> SequenceInComponent での確認
    • SeqIn.bat / SeqOut.bat ・・・OK!
    • MyServiceConsumer.bat / MyServiceProvider.bat ・・・OK!
    • SinCosOut.batはサンプルから外した

#2 Updated by n.kawauchi almost 6 years ago

  • % Done changed from 80 to 100

Python版のチケット作業 #3350 と同様に環境変数RTM_ROOTの設定を検討していたが、この作業は不要(※)となったのでこのチケット作業は完了とする。
※理由は、次期リリースではC++, Python, Javaを1つのmsiでまとめる方向となったため

#3 Updated by n-ando over 4 years ago

  • Status changed from 新規 to 終了

Also available in: Atom PDF