Project

General

Profile

Activity

From 02/12/2016 to 03/12/2016

03/06/2016

12:12 AM 機能 #3413: ⑭ スレーブマネージャの名前によるグルーピング
ManagerServantクラスのcreate_component関数の処理を変更した。
1 指定名の中に&manager_addressが存在する
→ 指定のホスト名、ポート番号のマネージャでRTCを起動
→ マネージャ...
miyamoto

03/05/2016

12:46 AM 機能 #3413: ⑭ スレーブマネージャの名前によるグルーピング
h2. マネージャの名前付けの方法について
例えば以下のように名前を付ける...
miyamoto

02/28/2016

05:08 PM 機能 #3400: ① コンポーネント操作関数セットの実装
get_state関数の引数の順番を変更した。
get_state(rtc, ec_id, state)

get_state(state, rtc, ec_id)
miyamoto

02/27/2016

05:22 PM 機能 #3401: ② ネームサービス操作関数セットの実装
以下の指定方法でネーミングサービス上のRTCのオブジェクトリファレンスを取得する機能を実装した。... miyamoto

02/26/2016

01:14 AM 機能 #3410: ⑪ 共有メモリ型データポート接続機能
名前が紛らわしいため、SharedMemory.idlのSharedMemoryインターフェースをPortSharedMemoryに変更した。... miyamoto
06:41 PM 機能 #3402: ③ コンポーネント起動時に事前設定に従いポート同士を接続する機能(同一プロセス)
[[#3404]]の実装のために、ポート名の間の記号を":"から"^"に変更した。... miyamoto
06:37 PM 機能 #3405: ⑥ 起動時にコンポーネントをアクティベーションする機能(非同一プロセス)
[[#3402]]で実装したinitPreConnection関数内に非同一プロセスで起動したRTCをアクティブ化する機能を追加した。
具体的には[[#3411]]のrtcloc形式、およびおよび#3401で実装したrtcname形...
miyamoto
06:33 PM 機能 #3404: ⑤ コンポーネント起動時に事前設定に従い起動時にポート同士を接続する(非同一プロセス)
添付のコードのtest_PreConnection関数でテストを行った。
まず2つのプロセスでRTCを起動し、managerのinit関数で別プロセスで起動したRTCのポートと接続するように設定した。そしてtest_PreConne...
miyamoto
06:28 PM 機能 #3404: ⑤ コンポーネント起動時に事前設定に従い起動時にポート同士を接続する(非同一プロセス)
[[#3402]]で実装したinitPreConnection関数内に非同一プロセスで起動したRTCのポートを接続する機能を追加した。
具体的には[[#3411]]のrtcloc形式、および[[#3401]]で実装したrtcname...
miyamoto
05:30 PM 機能 #3411: ⑫ 名前ベースのコンポーネント指定方法の実装
ホスト名を*とした場合に、プロセス内で起動したマネージャからマスターマネージャを取得する機能を追加した。
プロセス内で起動したマネージャをManger_Aとする。
* Manger_Aがマスターマネージャの場合には、Man...
miyamoto
04:31 PM 機能 #3461 (解決): rtm-namingをomniORB4.2に対応させる
r662 で対応。 n.kawauchi
04:16 PM 機能 #3461 (終了): rtm-namingをomniORB4.2に対応させる
C++のチケット #3442 と同様の対応。
RELEASE_1_1_2では、omniORBpyが4.2となるため、datファイルが存在すれば削除する処理を追加する。
rtm-naming.py のファイルはWindows/Lin...
n.kawauchi

02/25/2016

12:23 AM 機能 #3400: ① コンポーネント操作関数セットの実装
以下の関数を追加した。
h3. disconnect_all_by_name
指定した名前のポートのコネクタを全て切断する。
以下のコードでテストを行った。
@ret = OpenRTM_aist.connec...
miyamoto
11:14 PM 機能 #3410: ⑪ 共有メモリ型データポート接続機能
共有メモリ通信のためのインターフェースとしてSharedMemory.idlを作成した。... miyamoto
02:25 PM 機能 #3412: ⑬ 名前付けポリシー機能の拡張
NumberingPolicyBase.py、NodeNumberingPolicy.py、NamingServiceNumberingPolicy.pyを追加した。
NumberingPolicyBase.pyにはNumberin...
miyamoto

02/24/2016

06:20 AM 機能 #3411: ⑫ 名前ベースのコンポーネント指定方法の実装
Manager.idlにget_components_by_nameを追加した。
これに伴い、ManagerServantクラスにget_components_by_name関数を追加した。
get_components_by_na...
miyamoto
05:49 AM 機能 #3407: ⑧ ダイレクトデータポート接続機能
Pull型の実装を一部変更した。
OutPortPullConnectorのread関数でコールバックを呼び出すように変更した。
miyamoto
05:19 AM 機能 #3400: ① コンポーネント操作関数セットの実装
is_existing関数を修正した。
それに伴いテスト用コードも以下のように修正した。
@ret = OpenRTM_aist.is_existing(self.comp1)
self.assertFalse(ret)
...
miyamoto

02/23/2016

12:20 AM 機能 #3410: ⑪ 共有メモリ型データポート接続機能
h2. ロックの方法について
h3. 共有メモリでミューテックスを共有する方法
Linuxの場合は共有メモリでミューテックスを共有できる。
@int fd = shm_open(vecfile, O_RDWR|O_C...
miyamoto
05:07 PM 整備 #3417 (解決): branches/RELENG_1_1ソースのバージョン番号を1.1.2とする
r654 にて対応。 n.kawauchi

02/19/2016

12:36 AM 機能 #3409: ⑩ セキュアな通信機能
h2. endpointをどのような条件でtcpかsslかを選択するかについて
h3. 指定方法①
クライアント側でORB_initのオプションORBclientTransportRuleを設定することでどのエンドポイントを優先する...
miyamoto

02/18/2016

03:41 PM 機能 #3413: ⑭ スレーブマネージャの名前によるグルーピング
まずは、マネージャに名前を付ける方法を実装する。
* スレーブマネージャ
** 言語による区別
** VCのバージョンによる区別
** 多言語のローダブルモジュール
* マニフェストファイルの導入
n-ando
03:11 PM 機能 #3412: ⑬ 名前付けポリシー機能の拡張
* NamingPolicyBase基底クラスを用意する
* Policyのファクトリを用意する
typedef ::coil::GlobalFactory<NamingPolicyBase> NamingPolicyFactor...
n-ando
02:54 PM 機能 #3411: ⑫ 名前ベースのコンポーネント指定方法の実装
* NamingManagerに登録する CorbaOnNamingに代わり、その他のスキームの名前解決クラスを実装し追加する。
* NamingMamagerには、名前からオブジェクトリファレンスを取得する関数を追加する。
n-ando
02:47 PM 機能 #3411: ⑫ 名前ベースのコンポーネント指定方法の実装
IDL Manager.idl に以下のオペレーションを追加... n-ando
02:32 PM 機能 #3410: ⑪ 共有メモリ型データポート接続機能
h2. rtc.confで設定できるようにする
port.outport.shem_default_size: <byte>
1M: byte 1M
2k: byte 2k
1024: 1024 byte
port.in...
n-ando
01:28 PM 機能 #3409: ⑩ セキュアな通信機能
どのような条件で、endpoint が tcpかsslになるかの調査をお願いします。 n-ando
12:03 PM 機能 #3400: ① コンポーネント操作関数セットの実装
以下の仕様でお願いします。... n-ando

02/16/2016

06:28 PM 整備 #3435 (解決): idlcompile用スクリプトファイルを移動させる
* この作業は行わないことになったので、本チケットは完了とする
* このスクリプトは、OpenRTM-aist-Pythonの1.1.1版ではインストールの際にPythonのインストール先でのidlをコンパイルで使用されていた
*...
n.kawauchi
 

Also available in: Atom