Project

General

Profile

Activity

From 06/28/2015 to 07/27/2015

07/27/2015

05:51 PM Revision 2655: [merge] r2653 has been merged from trunk. about define of RTC_CORBA_CXXMAPPING11.
kawauchi
05:47 PM Revision 2654: r2653 has been merged from trunk. about define of RTC_CORBA_CXXMAPPING11.
kawauchi
05:32 PM Revision 2653: [compat, ->RELENG_1_1] RTC_CORBA_CXXMAPPING11 settings for Windows has been changed.
kawauchi

07/23/2015

09:10 AM Revision 2652: [compat,->RELENG_1_1] Now properties given by rtc.conf are merged to PortProfile.properties.
n-ando
09:03 AM 機能 #3275 (新規): ブロードキャストによりマネージャの存在の周知と相互把握
各ノードのマスターマネージャに定期的に自身のリファレンスをパブリッシュさせ、ネームサービスが無くても相互にマネージャやRTCのリファレンスの把握ができるようにする。 n-ando
09:02 AM 機能 #3274 (終了): ⑭ スレーブマネージャの名前によるグルーピング
コンポーネントを起動する際に、マスターマネージャにコンポーネント起動を依頼し、マスターは指定された名前やポリ氏に従って、すでに起動済みのスレーブ上にRTCを起動したり、新たなプロセスを起動してそこにRTCをインスタンス化できる機能を実... n-ando
09:02 AM 機能 #3273 (終了): ⑬ 名前付けポリシー機能の拡張
「名前ベースのコンポーネント」機能を実現するために、異なるプロセスで起動した同一コンポーネントでも、マスターの配下にある他のコンポーネントの名前を見て、インスタンス番号を付ける機能を実装する。また、コンポーネント自身もINS機能を利用... n-ando
09:02 AM 機能 #3272 (終了): ⑫ 名前ベースのコンポーネント指定方法の実装
マネージャのマスタースレーブ機能を完成させ、ホスト名・コンポーネント名の指定でコンポーネントのオブジェクトリファレンスを取得する仕組みを実装する。これを、ネームサービス操作関数セットに取り込む。例えば、rtns:openrtm.org... n-ando
09:01 AM 機能 #3271 (終了): ②ネームサービス操作関数セットの実装
ネームサービスにコンポーネント内部から、あるいはマネージャの拡張モジュールなどからアクセスし、登録されているRTCを取得する仕組みを実装する。
n-ando
09:01 AM 機能 #3270 (終了): ①コンポーネント操作関数セットの実装
rtshellライクに、コンポーネントの各種操作を簡単に行うことができる関数セットを実装する。 n-ando
09:01 AM 機能 #3269 (終了): ⑪ 共有メモリ型データポート接続機能
同一ノード内のコンポーネント間のデータポート接続において、データのPutを共有メモリ経由で行うことで、TCP/IPスタックを経由することなく高速にデータ転送する機能を実装する。 n-ando
09:01 AM 機能 #3268 (新規): rtcd起動時の認証機能
rtcd起動時の認証機能 n-ando
09:00 AM 機能 #3267 (新規): OpenRTM Linuxインストーラへのライセンスキーによる認証機能
OpenRTM Linuxインストーラへのライセンスキーによる認証機能 n-ando
09:00 AM 機能 #3266 (新規): OpenRTM Windowsインストーラへのライセンスキーによる認証機能
OpenRTM Windowsインストーラへのライセンスキーによる認証機能 n-ando

07/22/2015

08:59 AM 機能 #3265 (終了): ⑩ セキュアな通信機能
RTC間の通信をsslで行うための機能を実装する。 n-ando
08:59 AM 機能 #3264 (新規): ⑧ ダイレクトデータポート接続機能
同一プロセス内のデータポート接続において、required i/fがprovided i/fを呼び出すのに、オブジェクトリファレンス経由ではなく、サーバントを直接呼ぶようにすることで速度向上とCPU時間の節約を図る(マーシャリングがな... n-ando
08:58 AM 機能 #3263 (終了): ⑦ トピックベースのポート接続機能
ROSライクなトピックベースのポート接続、ただし、この機能自体はサービスポートにも応用できるので、「トピック」という名称は不適切かもしれない。ns rendezbous connection とか?
n-ando
08:55 AM 機能 #3262 (終了): ⑤起動時にポート同士を接続する(非同一プロセス)
コンポーネントコンフィギュレーションファイルに設定することで起動時にネームサーバに登録されているコンポーネントのポート同士を接続する。 n-ando
05:20 PM Revision 2651: r2639 has been merged from trunk. about omniORB version number.
kawauchi

07/16/2015

11:42 AM Revision 2650: [incompat,->RELENG_1_2] add getInPorts(), getOutPorts() to RTObject.
n-ando
11:39 AM Revision 2649: [incompat,->RELENG_1_2] add const to getPortRef()
n-ando

07/10/2015

10:24 PM 機能 #3075 (担当): 2つの別マシン上のリアルタイム実行コンテキストを同期させる機構を考える
n-ando
10:22 PM バグ #2406 (終了): coild.lib と.dllについて
n-ando
10:22 PM 機能 #2166 (終了): InPortの構造を再検討する
n-ando
10:21 PM 機能 #2143 (担当): rtc.conf編集用ツール(GUI)の作成
n-ando
10:19 PM サンプル #1891 (終了): 地図上に移動ロボットの経路を表示するビューアコンポーネントを作成する。
n-ando
10:15 PM 整備 #173 (終了): OpenRTMのWeb上のVMImageを0.4.2版に更新する
n-ando
10:14 PM バグ #3086 (終了): OutPort::writeがポートの接続時に遅くなる
修正 n-ando
10:14 PM Revision 2648: [compat,->RELENG_1_1] A little improvement in OutPort error handling. refs #3086
n-ando
10:07 PM バグ #3088 (終了): idl ファイルの置かれているディレクトリにピリオドがあるとrtc-templateがおかしくなる
n-ando
10:05 PM バグ #3088 (解決): idl ファイルの置かれているディレクトリにピリオドがあるとrtc-templateがおかしくなる
修正 n-ando
10:07 PM Revision 2647: [compat,tool] Directory name with period "." causes odd action in rtc-template. Fixed. refs #3088
n-ando

07/06/2015

12:15 PM バグ #3251 (新規): Windows用のcoil_config.h の記述がいろいろと変(Linux用のヘッダになっている)
http://svn.openrtm.org/OpenRTM-aist/trunk/OpenRTM-aist/src/lib/coil/win32/coil/config_coil.h n-ando

07/03/2015

02:54 PM バグ #2375 (終了): LTTSample Debug版での問題
n-ando
02:53 PM 機能 #321 (終了): 複合コンポーネントの作成(DataFlow型)
n-ando

06/29/2015

11:04 AM Revision 2646: [compat,test] Change namespace OutPort to OutPortTs. refs #3233
irie
10:34 AM Revision 2645: [compat,test] Change RTC::PeriodicExecutionContext to RTC::ExecutionContextBase. refs #3232
irie
10:13 AM Revision 2644: [compat,bugfix] Bugs that pre-connect and pre-activate make core-dump if specified components do not exist have been fixed. refs #3223
n-ando
09:53 AM Revision 2643: [incompat,type] type in r2642
n-ando
09:49 AM Revision 2642: [incompat,new_func,new_file] Direct data put mode has been implemented as a new interface_type=direct. Callbacks have been implemented. refs #3242
n-ando
09:22 AM Revision 2641: [incompat,new_member] Now ConnectorListener and ConnectorDataListener have new size() function and typed notify function. refs #3242
n-ando

06/28/2015

08:58 AM 機能 #3242 (新規): Direct型のデータポートにコールバック機能を実装する
Direct型のデータポートにコールバック機能を実装する n-ando
 

Also available in: Atom