Project

General

Profile

機能 #3601

C++のRTC作成用テンプレートにDEB/RPMパッケージ作成機能を追加する

Added by n.kawauchi about 5 years ago. Updated over 4 years ago.

Status:
終了
Priority:
通常
Assignee:
Start date:
09/07/2016
Due date:
% Done:

100%

Estimated time:

Description

  • 上記の手順では、DEB/RPMの切り替えはCMakeLists.txtの修正が必要となっている
  • パッケージタイプを自動で判定する仕組みは、下記チケットにてCMakeLists.txtへ追加する予定
    #3584
  • 上記の機能全てをテンプレートに組み込む
CMakeLists.txt-diff.htm (48.8 KB) CMakeLists.txt-diff.htm n.kawauchi, 02/21/2017 11:06 AM
src_CMakeLists.txt-diff.htm (29.4 KB) src_CMakeLists.txt-diff.htm n.kawauchi, 02/21/2017 11:06 AM
idl_CMakeLists.txt-diff.htm (22.7 KB) idl_CMakeLists.txt-diff.htm n.kawauchi, 02/21/2017 11:06 AM
src_CMakeLists.txt-diff_修正.htm (21.8 KB) src_CMakeLists.txt-diff_修正.htm n.kawauchi, 02/21/2017 05:47 PM
cmake_cpack_options.cmake.in-diff.htm (36.1 KB) cmake_cpack_options.cmake.in-diff.htm n.kawauchi, 02/21/2017 05:47 PM

Related issues

Related to RTC Builder - 整備 #3993: C++のRTC作成用テンプレートを整備する終了2017-03-24

History

#1 Updated by n.kawauchi over 4 years ago

  • テンプレートの修正に関して、r687との差分を示すhtmlファイルを添付しました
  • htmlの画面左:CMakeLists.txt で示している方が修正後の設定です
  • 画面右:CMakeLists_rtcb.txtは、r687から生成したビルダーの設定です
  • PROJECT_MAINTAINER と PROJECT_TYPE は、メールでご連絡した設定への変更でお願いします

#2 Updated by n.kawauchi over 4 years ago

  • File deleted (include_CMakeLists.txt-diff.htm)

#3 Updated by n.kawauchi over 4 years ago

  • src_CMakeLists.txt-diff.htmについて補足します
  • 画面右のCMakeLists_rtcb_opencv.txtは、比較の便宜上、OpenCV利用設定が追加されています
  • 下記コードが現在のビルダーのテンプレートに設定されていますが、これはこのまま残して下さい
  • この定義を加えずともcmakeのワーニングが出ない設定が、CMP0046のポリシーで、 #3082 で検討し対応したものです
    if(NOT TARGET ALL_IDL_TGT)
      add_custom_target(ALL_IDL_TGT)
    endif(NOT TARGET ALL_IDL_TGT)
    
  • 今回はポリシー設定を追加で対応させることにしました(CMakeLists.txt-diff.htm参照)

#4 Updated by ga over 4 years ago

  • Status changed from 新規 to 解決
  • % Done changed from 0 to 100

生成するCMakeFileを修正させて頂きましたr692

#5 Updated by n.kawauchi over 4 years ago

修正を反映したOpenRTPで新規RTCを作成したところ、Ubuntu16.04, Fedora25の環境でそれぞれパッケージを作成でき、インストール先も問題ないという
動作を確認できましたが、細かい部分で修正指定のミスがありました。修正差分の新たなhtmlファイルを添付しましたのでよろしくお願い致します。
  • src_CMakeLists.txt-diff_修正.htmについて
    • ImageProcessingのRTC群を一括ビルドするための設定を外しました。「if (SolutionDir) ...」の設定はテンプレートでは不要です。
  • cmake_cpack_options.cmake.in-diff.htmについて
    • cmake/cpack_options.cmake.inに対する修正です。抜けていました。

#6 Updated by n.kawauchi over 4 years ago

  • Status changed from 解決 to フィードバック
  • % Done changed from 100 to 90

#7 Updated by ga over 4 years ago

  • Status changed from フィードバック to 解決
  • % Done changed from 90 to 100

CMakeFileの内容を修正させて頂きました r693

#8 Updated by n.kawauchi over 4 years ago

  • Status changed from 解決 to フィードバック
  • % Done changed from 100 to 90
  • 修正内容を確認しましたが、SrcCMakeLists.txt.vsl の方が違うので訂正をお願いします。説明が至らずお手数をおかけします。
  • 55-57行目ですが、「${INSTALL_DIR}」ではなく「${INSTALL_PREFIX}」です。
        RUNTIME DESTINATION ${INSTALL_PREFIX} COMPONENT component
        LIBRARY DESTINATION ${INSTALL_PREFIX} COMPONENT component
        ARCHIVE DESTINATION ${INSTALL_PREFIX} COMPONENT component)
    
  • 新たな修正としてRPMパッケージ用に cmake/cpack_options.cmake.in の修正をお願いします
  • 2行目に下記★を追加して下さい
    set(CPACK_PACKAGE_NAME "@PROJECT_NAME@")
    set(CPACK_RPM_PACKAGE_NAME "@PROJECT_NAME@") ←★この行を追加
    set(CPACK_PACKAGE_VERSION_MAJOR "@PROJECT_VERSION_MAJOR@")
    
  • 以上はC++用の修正です。Python用は別チケットでお願いする予定です。 よろしくお願い致します。

#9 Updated by ga over 4 years ago

  • Status changed from フィードバック to 解決
  • % Done changed from 90 to 100

修正させて頂きました r695

#10 Updated by n-ando over 4 years ago

  • Status changed from 解決 to 終了

Also available in: Atom PDF