LEGO Mindstorms EV3 活用事例

LEGO Mindstorms EV3 は LEGO の Mindstorms シリーズの新しいパッケージです。EV3のメインのコントローラは、Linuxが標準搭載され、様々な言語でロボットの開発が可能になりました。

また、NXTでは外部との無線通信が基本的に Bluetooth のみでしたが、EV3ではUSBインターフェースが搭載され、無線LANのUSBアダプタを挿すことで無線LANなどで外部と通信することも可能になりました。

搭載されるOSがLinuxになったことで、これまでよりもさらに柔軟に、かつ高度なロボット開発が可能になりました。

このドキュメントでは、LEGO Mindstorms EV3 上に OpenRTM-aist を搭載し、ロボット制御に活用する方法、コンポーネントの開発方法を紹介します。

仕様

EV3の外観を以下に示します。

ev3.png
LEGO Mindstorms EV3

EV3のコンピュータは以下の仕様になっています。

LEGO Mindstorms EV3 仕様
プロセッサ ARM9 300MHz
メモリ(ROM) 16MB Flash
メモリ(RAM) 64MB RAM
OS Linuxベース
ディスプレイ 178 x 128 pixels
出力ポート 4個
入力ポート 4個
アナログ
デジタル 460.8kbit/s
USB通信速度 High Speed (480Mbps)
USBインターフェース EV3同士の連結可能 (最大4台)
Wi-Fi通信ドングル利用可能
SDカードスロット Micro SDカード 32GBまでサポート
スマートデバイス接続 iOS, Android, Windows
ユーザーインターフェース 6ボタン, イルミネーション機能
プログラムサイズ (ライントレースの場合) 0.950KB
センサー通信性能 1000 回/秒, 1ms
データロギング 最大 1,000サンプリング/秒
Bluetooth通信 最大7台のスレーブと接続可能
動力 リチャージブルバッテリー または、単3電池 6本

なお、EV3では、リチャージブルバッテリーが同梱されています。スペックは下記のとおりです。

電池の種類 リチウムイオン
容量 2050mAh
NXT DCバッテリとの互換性 なし
NXT DCアダプタでの充電 可能
単三電池で動かした場合との比較 単三電池を利用した場合より充電式DCバッテリーのほうが長く動く。
充電時間 4時間(フル充電の場合)

このBookの概要

このBookではOpenRTM-aistでRTコンポーネントを開発・実行するための環境構築方法、便利に使うためのノウハウ、移動ロボットの制御やIOの利用方法などを解説します。


最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1629
プロジェクト統計
RTコンポーネント286
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

Join our slack

Enter email address for slack invite.

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム