ここは国立研究開発法人産業技術総合研究所が開発・配布しているRTミドルウエア: OpenRTM-aistの公式Webサイトです。

※旧Webサイトはこちらからご覧いただけます。

現在の最新RELEASEバージョン: 1.1.2-RELEASE

download
download

現在の最新RELEASEバージョンは OpenRTM-aist-1.1.2-RELEASE です。 こちらからダウンロードできます。

現在の各言語、ツールのバージョンは以下の通りです。

  • C++: 1.1.2-RELEASE
  • Python: 1.1.2-RELEASE
  • Java: 1.1.2-RELEASE
  • tools: 1.1.2

右リンクからダウンロードできるWindows用インストーラにはサンプルを実行するために必要なライブラリやツールがすべて含まれていますので、手軽に試すことができます。 ダウンロード後、こちらのOpenRTM-aistを10分で始めよう!をご覧ください。10分以内でインストール、サンプルの動作確認ができます。

2017年7月31日(月)~8月4日(金)
産業技術総合研究所
申し込みは停止中

OpenRTM-aistとは?

piping_rtm_logo2.png

OpenRTM-aist はロボットシステムをコンポーネント指向開発するためのソフト ウエアプラットフォームです。

News

ROBOMECH2017  RTミドルウエア講習会が行われました
会津大学でRTミドルウェア講習会【中級】が行われます
会津大学主催のRTミドルウェア講習会が行われます
RTミドルウエアコンテスト2016が開催されました
高度ポリテクセンター「RTミドルウェアによるロボットプログラミング技術」が開催されました
第2回RTミドルウェア普及貢献賞の授賞式が行われました

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1604
プロジェクト統計
RTコンポーネント286
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム