OpenRTM-aist-Python-1.1.0-RC1

python-logo.png

注意事項

バージョン0.4系をインストール済みの環境に1.x系をインストールする場合は、一度0.4系を削除してから1.x系のインストールを行ってください。 0.4系をアンインストールした後に0.4系の残骸が残っている場合がございますので、残骸が残っている場合は手動でOpenRTMフォルダの削除を行って下さい。

削除するフォルダ
  • Windows環境の場合:
     C:\Python[24,25,26]\Lib\site-packages\OpenRTM
  • Linux環境の場合:
      /usr/lib/python[2.4,2.5,2.6]/site-packages/OpenRTM

ソースコード

Python版ソースコード OpenRTM-aist-Python-1.1.0-RC1.tar.gz
MD5:bbc9c4915d13cef0f5a925a070bab0aa
11/10/04
Python版ソースコード(Win32) OpenRTM-aist-Python-1.1.0-RC1.zip
MD5:513f9a80ab7ce3c4d831c509e2252a8b
11/10/04

パッケージ

Windowsインストーラ (Python 2.4,2.5,2.6 共通)

OpenRTM-aist-Python-1.1.0-RC1.msiを使用してOpenRTM-aist-Pythonをインストールする場合、Pythonのバージョン2.4、2.5、2.6のいずれかが必要です。 OpenRTM-aist-Python-1.1.0-RC1.msiでは、インストールされているPythonのバージョンを検出し、それぞれにOpenRTM-aist-Python-1.1.0とomniORBpyをインストールします。別途omniORBpyをインストールする必要はありません。

Windows用インストーラ OpenRTM-aist-Python-1.1.0-RC1.msi
MD5:1faaf9c25bcb879628da3d23f851a4cd
11/010/04
Python-2.4.4 python-2.4.4.msi python.org
Python-2.5.4 python-2.5.1.msi python.org
Python-2.6.6 python-2.6.2.msi python.org
Java: Windows (32bit) 用 JRE インストーラ java.com
  • ※ RTSystemEditor(RCP 版 ) を動作させるために、32 ビット版の Java 動作環境 (JRE) または Java 開発環境 (JDK) が必要となります。
  • &color(red){※ Pythonのバージョンによってpython.exe にパスが通らないケースがあります。パスをチェックしてください。

omnipy が importできない旨のエラーが出る場合

MSVCR71.dll, MSVCP71.dll がインストールされていないため、omnipy が importできない旨のエラーが出る場合があります。 下記よりMSVCR71.dll, MSVCP71.dllをダウンロードしてインストールしてください。

ダウンロード後解凍して、MSVCR71.dll, MSVCP71.dllを
  • 32bit Windows の場合 C:\Windows\system32
  • 64bit Windows の場合 C:\Windows\SysWow64 にインストールしてください。


Linuxパッケージ

Ubuntu, Debianの各ディストリビューション用のパッケージを www.openrtm.org 上のリポジトリサーバにて配布しています。 詳細は、以下のドキュメントを参照してください。
Fedora版は、もうしばらくお待ちください。

ディストリビューション 対応バージョン 一括インストールスクリプト
Ubuntu 8.04, 10.04, 10.10, 11.04 (共にi386/x86_64) pkg_install_python_ubuntu.sh
Debian 5.0 (i386, x86_64) pkg_install_python_debian.sh


リリースノート: 1.1.0-RC1

RTミドルウエア:OpenRTM-aist のPython言語版最新バージョン 1.1.0-RC1 を10月4日にリリースいたしました。

OpenRTM-aist Official Website からソースコード、Windowsインストーラ、Linux用パッケージ等が LGPL ライセンスもしくは産総研との個別契約のうち一つから選択するデュアルライセンス方式で利用可能です。

これまでは、実行・開発環境を構築するには、いくつかのパッケージをインストールする必要がありましたが、今回のリリースでは、特にWindows用には、omniORBpyやツール等を含むインストーラを提供することにより、どなたでもすぐにサンプルを実行して試用可能となりました。ぜひお試しください。

  • OpenRTM-aist-Python-1.1.0-RC1.tar.gz -- 2011.10.04リリース
    • APIの追加
      • コールバックAPI
      • 実行コンテキストに関するコールバック
    • rtc.conf新オプション(-o)の導入
    • ECのrateをrtc.confで与えられるよう変更
    • SDOサービスフレームワーク
    • オブザーバSDOサービスの導入(実験的)
    • 雑多なバグフィックス
    • 動作条件
    • サポートするPythonバージョン
      • 2.4
      • 2.5
      • 2.6
    • 動作確認済みOS
      • Debian5.0-i386
      • Ubuntu 8.04-i386
      • Ubuntu 10.04LTS-i386
      • Ubuntu 10.10-i386
      • Ubuntu 11.04-i386
      • Windows XP
      • Windows Vista
      • Windows7

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1632
プロジェクト統計
RTコンポーネント286
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

Join our slack

Enter email address for slack invite.

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム