sensor device

Sensor device RTCs

Author: 
sako

概要

<SoundDirection2RTC>
  • Microsoft社から発売されている新型のKinect for Windows v2(以下Kinect v2)を用いて音源方向推定を行うRTCです。
<FurimukiRTC>
  • 取得した音源方向に振りむく際に必要な処理を行うRTCです。
<SoundDirectionRTC>
  • 上記2つのRTCを組み合わせたRTCです。

特徴

<SoundDirection2RTC>
  • 音源方向(角度)をTimedDouble型で出力します。
  • Configurationを変更することで、出力する音源方向の単位を[rad]または[deg]に変更できます。
<FurimukiRTC>
  • TimedDouble型の音源方向(角度)を入力し、実際に動かす角度を出力します。

開発環境

    Author: 
    Miyamoto Nobuhiko

    RTが販売しているUSB出力9軸IMUセンサモジュールに対応したRTC、及びキャリブレーション用ソフトウェアを作成しました。WindowsとLinuxに対応しています。 詳しくはこのページをご覧ください。

    Author: 
    Miyamoto Nobuhiko
    RTミドルウェア学習用ロボットアーム制御RTコンポーネント群

    概要・特徴

    • Intel Edisonによりロボットアームを制御するためのRTC群
      • サインスマート製4自由度ロボットアームを制御
      • GUIによる操作
        • GUIを作成するためのツールも開発
      • ロボットアームを移動させるためのクローラーを制御するRTC群も付属
        • 地磁気、加速度センサにより姿勢を計測、GUIで表示
        • 距離センサで障害物を検出して自動的に回避運動
    Author: 
    Hane

    概要

    • Kinect v2を利用するためのRTC

    特徴

    • 複数の出力形式に対応
    • Kinect v2の仕様により,他コンポーネントとハードウエアの共用可能

    仕様

    • 言語: C++
    • OS: Windows 8.1
    • 必要ライブラリ: Kinect for Windows Runtime 2.0 or SDK 2.0

    コンポーネント群

    • KinectCamera:カメラ画像 (CameraImage、TimedLongSeq、TimedOctetSeq(JPEGデータ))
    • KinectDepth:深さ画像及び3次元点群 (PointCloud)
    • KinectHumanTracking:人物座標
    • (入力:水平面位置、三次元位置、KinectCameraの画像上の位置)
    Author: 
    ysuga

    北陽電機のURGセンサのRTコンポーネントです.

    ビルドしやすいように,プロトコルベースから独自に実装しています.
    対応OS : Windows, Linux, MacOSX

    ダウンロード

    URL: https://github.com/sugarsweetrobotics/UrgRTC

    ビルド方法

    gitからコマンドラインで (OSX, Linuxでおすすめ)

    gitコマンドを使える場合は非常にシンプルです.

    $ git clone https://github.com/sugarsweetrobotics/UrgRTC.git
    $ git submodule init
    $ git submodule update
    $ cd UrgRTC
    $ mkdir build 
    $ cd build 
    $ cmake ../
    $ make
    

    Dowlaod Zipからソースコードをダウンロード(Windows?)

    まず,URLの右側のDownload ZIPファイルからダウンロードします.それを展開してもビルドできません.

    Author: 
    ayaka_tsuchiya
    メディアアートコミュニティ実現に向けた RTコンポーネントの開発と提案

    概要

    • メディアアーティストやデザイナが簡単にRT技術を利用し、制作活動を行うことができる環境の実現を目指したコミュニティ活動
      • メディアアート制作者側
        • メディアアーティストやデザイナ側が使いやすいツールの開発
        • デモンストレーションによるRTミドルウェアの説明
      • RTコンポーネント開発者側
        • コミュニティ活動のフィードバックによるコンポーネント開発
        • 既存コンポーネントを再利用する機会の増加

    コミュニティ活動

    • RTミドルウェアでメディアアートの制作と共有を行うためのブログ
      Author: 
      yukikawana

      ライセンスについて

      AR.Drone組込みシステム用コンポーネントはBSD/LGPLライセンスのCV Drone(https://github.com/puku0x/cvdrone)を使用しています。 本コンポーネント使用時はhttps://github.com/yukikawana/ARTC_ardrone にありますcvdrone-license-LGPL.txt及びcvdrone-license-BSD.txtをご確認ください。 ライセンス、コードの公開について問題をご指摘頂きました、CV Drone制作者のpuku0x様とMiyamoto Nobuhiko様に深く感謝申し上げます。 (2015/08/23追記)

      Author: 
      sekiyama

      概要

      • RaspberryPiのI/Oポートに接続可能な拡張センサボードの設計と実装
      • 拡張センサボード上に実装した7種類のセンサとLCDパネル,2個のボタンスイッチのコンポーネント実装
      • RaspberryPi上のストレージ(SDカード)へのセンサデータロギングコンポーネント実装

      特徴

      • RaspberryPi用拡張センサボードの回路図公開
      • 各センサを個別にコンポーネント化

      仕様

      • 言語: C++
      • OS:Linux(Raspbian)
      Author: 
      Masaru_tatekawa
      RTM on Androidを用いたAndroid用マルチセンサコンポーネント群

      概要

      • RTM on Androidを用いてAndroid端末のセンサ情報を取得するコンポーネント群
      • 加速度センサをはじめとする主要センサ12種類のコンポーネントをそれぞれアプリケーション化
        • パソコンとの通信手段は共通ネットワークにつながっていること
      • センサ情報を各種センサに適したデータ型に変換するフィルタコンポーネント
        • 取得情報のテキストファイル出力(CSV対応)
        • テキストファイルの読み取り
        • 暴れ値の丸め処理(処理の強さはユーザが変更可)
        • ユーザ任意のタイミングで基準値0の変更

      特徴

      • 複雑な環境設定を必要としないため、Androidへの知識が乏しく、Android端末用ソースを書けない人でも簡単に使用できる

      Pages

      latest Releases

      For Begginers

      Windows msi(installer) package (only trying samples)

      Development environment is required for RT-Component development. See download page for details.

      Number of Projects

      OpenHRP3

      Dynamics simulator

      OpenHRI

      Human-Robot-Interaction RTCs

      OpenRTP

      Integrated Development Platform

      OpenINVENT

      Mobile Robot RTCs