rtshellのWindows PCへのインストールの仕方について

rtshellの環境構築について

環境の確認

  • Pythonは2.6をご利用ください.

環境変数の追加について

Pythonが下記にインストールされているものとしますので,違う場所にインストールしている場合は,適宜読み替えてください.

Pythonのインストール場所 C:¥Python26

下記の環境変数を追加してください.

変数名 PYTHONPATH
変数 C:¥Python26¥Lib¥site-packages;
変数名 PATH
変数 C:¥Python26¥Scripts;

OpenRTM-aist-1.1.0のPython版のインストール(インストールしていない場合)

OpenRTM-aist-1.1.0 Python版

rtctreeとrtcprofileのインストール

下記のサイトから,rtctreeとrtcprofileをダウンロードしてインストールしてください.

rtctreeとrtcprofileのダウンロード

rtshellのインストール

下記のサイトからrtshellをダウンロード&インストールしてください.

rtshellのダウンロード

必要なダイナミックリンクライブラリのインストール

MSVCR71.dllとMSVCP71.dllが必要になりますので,下記よりダウンロードしてください.

MSVCなどのダウンロード

ダウンロードしてから,MSVCP71.dllとMSVCR71.dllを下記にコピーしてください.

  • 32bit Windows: c:¥Windows¥system32
  • 64bit Windows: C:\Windows\SysWOW64

ここまでの作業がおわったら再起動してください.

動作確認

1.ネーミングサービスを起動
2.コマンドプロンプトを起動して,下記のコマンドを打ってみてください.

  rtfind localhost

これで,「localhost」と表示されれば,コマンドが実行されているのであれば環境構築は完了です.

Documentation:

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1637
プロジェクト統計
RTコンポーネント286
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

Join our slack

Enter email address for slack invite.

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム