OpenRTP 1.1.2

eclipse_logo.png

パッケージ

1.1.2版は Eclipse-4.4.2 ベースです。

Windows インストーラー

32bit 用

Windows 用インストーラー
(OpenRTM-aist C++、Python、Java版,
および OpenRTP、RTShell (4.1.0) 含む)
OpenRTM-aist-1.1.2-RELEASE_x86.msi
MD5:59be8603f3fc007c2aed4476052886ce
2016/05/27
Python-2.7 python-2.7.10.msi python.org
  • ※ Python 2.7.10 推奨。2.7.11 は PYTHONPATH 等環境変数の設定が必要な場合があります。
  • ※ 古い RTShell は事前に削除しておいてください。

64bit 用

Windows 用インストーラー
(OpenRTM-aist C++、Python、Java版
および OpenRTP、RTShell (4.1.0)含む)
OpenRTM-aist-1.1.2-RELEASE_x86_64.msi
MD5:ee8db7c1682cb21dce963207e0484fb3
2016/05/27
Python-2.7 python-2.7.10.amd64.msi python.org
  • ※ Python 2.7.10 推奨。2.7.11 は PYTHONPATH 等環境変数の設定が必要な場合があります。
  • ※ 古い RTShell は事前に削除しておいてください。

インストールについては、OpenRTM-aistを10分で始めよう! のページで手順を紹介しています。

Linux パッケージ

32bit 用

日本語版 eclipse442-openrtp112v20160526-ja-linux-gtk.tar.gz
MD5: f941e7316da51d6727274793dd1a9b93
2016.05.26
英語版 eclipse442-openrtp112v20160526-linux-gtk.tar.gz
MD5:38896917b9c827a0f1eec99da869047e
2016.05.26

64bit 用

日本語版 eclipse442-openrtp112v20160526-ja-linux-gtk-x86_64.tar.gz
MD5:b17f13c49626988cbe8b811b0de79d48
2016.05.26
英語版 eclipse442-openrtp112v20160526-linux-gtk-x86_64.tar.gz
MD5:a3a15088978e5f6afcca8d41e9c6ba6e
2016.05.26

Mac パッケージ

32bit 用

日本語版 eclipse442-openrtp112v20160526-ja-macosx-cocoa.tar.gz
MD5:cff0e09517000ecb09c6d5591a1c7056
2016.05.26
英語版 eclipse442-openrtp112v20160526-macosx-cocoa.tar.gz
MD5:0a7a7d64ce2fade2fd93b163cab915b7
2016.05.26

64bit 用

日本語版 eclipse442-openrtp112v20160526-ja-macosx-cocoa-x86_64.tar.gz
MD5:20d8ae41d0421f3e26ef3bae70eff100
2016.05.26
英語版 eclipse442-openrtp112v20160526-macosx-cocoa-x86_64.tar.gz
MD5:f1a16a3baf2fcffed73d41bb139f682e
2016.05.26

OpenRTP の起動方法

Windows でのダウンロードと起動

OpenRTM-aist (C++版)および JDK1.7 をインストール後、下記の Windows用パッケージを任意の場所に保存し、展開してください。 eclipse というディレクトリーが展開されますので、その中の eclipse.exe をダブルクリックして起動してください。

32bit 用
日本語版 eclipse442-openrtp112v20160526-ja-win32.zip
MD5:6f9e266a73d13e56dda140828b9da328
2016.05.26
英語版 eclipse442-openrtp112v20160526-win32.zip
MD5:b727b26c386e8292ef8f28cc280bb6a5
2016.05.26
64bit 用
日本語版 eclipse442-openrtp112v20160526-ja-win32-x86_64.zip
MD5:bbd06decec6953fe1464290557ed9ba4
2016.05.26
英語版 eclipse442-openrtp112v20160526-win32-x86_64.zip
MD5:d4674b15a1f4b514f8319bb69c3bebfe
2016.05.26

Linux でのダウンロードと起動

OpenRTM-aist (C++版)および JDK1.7 または OpenJDK をインストール後、Linux 用パッケージを任意の場所に保存し、展開してください。 eclipse というディレクトリーが展開されますので、そのなかの openrtp というコマンドから起動します。パスの通っている場所に openrtp へのシンボリックリンクをを張るとよいでしょう。

RTCBuilderでは、OpenRTM-aist (C++版) に付属の IDL を参照しています。 Linux版ではこれら IDL の場所を得るために、環境変数を設定するか、openrtp というコマンドから起動する必要があります。

各ディストリビューションについて JDK 7 のインストール方法を JDK インストールのためのヒント にまとめましたので参考にしてください。

 $ cd /usr/share/openrtm-1.1.2
 $ sudo wget http://openrtm.org/pub/openrtp/packages/1.1.2.v20160526/eclipse442-openrtp
 112v20160526-linux-gtk.tar.gz
 $ sudo tar xvzf eclipse442-openrtp112v20160526-linux-gtk.tar.gz
 $ cd /usr/bin
 $ sudo ln -s /usr/share/openrtm-1.1.2/eclipse/openrtp .
 $ cd 
 $ openrtp

Mac OS X でのダウンロードと起動

OpenRTM-aist (C++版) および JDK1.7 または OpenJDK をインストール後、Mac OS X 用パッケージを任意の場所に保存し、展開してください。 eclipse というディレクトリーが展開されますので、Linux 版と同様に、そのなかの Eclipse.app/Contents/MacOSX/openrtp というコマンドから起動します。パスの通っている場所に openrtp へのシンボリックリンクをを張るとよいでしょう。

RTCBuilderでは、OpenRTM-aist (C++版) に付属の IDL を参照しています。 Linux 版や Mac OS X 版ではこれら IDL の場所を得るために、環境変数を設定するか、openrtp というコマンドから起動する必要があります。

 $ cd /usr/lib/openrtm-1.1.2
 $ sudo wget http://openrtm.org/pub/openrtp/packages/1.1.2.v20160526/eclipse442-openrtp
 112v20160526-ja-macosx-cocoa.tar.gz
 $ sudo tar xvzf eclipse442-openrtp112v20160526-ja-macosx-cocoa.tar.gz
 $ cd /usr/bin
 $ sudo ln -s /usr/lib/openrtm-1.1.2/eclipse/Eclipse.app/Contents/MacOSX/openrtp .
 $ cd 
 $ openrtp

更新サイト

以下の URL を更新サイト一覧に追加することで、お使いの Eclipse の OpenRTP をインストールすることができます。

手順については更新方法のページをご覧下さい。


jar ファイル

jar ファイル(RTSE+RTCB) openrtp-1.1.2v20160526.zip
MD5: 56686cc687edb13e98f0c25567213ad6
2016.05.26

- アーカイブに含まれている jar ファイルを eclipse の plugins ディレクトリーにコピーします。
  • 更新後は eclipse の起動時に -clean オプションを付けることを推奨します。
  • Eclipse SDK パッケージをダウンロードして、独自にこれ等のプラグインを追加する際は、RTSE、RTCBが依存している
    • EMF ランタイム
    • EMF Xcore ランタイム
    • GEF
    • XSD 各プラグインを追加でインストールする必要があります。
  • また、Eclipse Platform SDK と Eclipse Plug-in Development Environment がインストールされていることを確認してください。インストールされていない場合、パースペクティブに RTSE と RTCB が現れません。



Eclipse/JDK/JRE 等

リリースノート:1.1.2

RTSystemEditor

  • ポート名称の表示位置をポートとの関係が分かりやすい位置に修正
  • ポート接続を行うためにドラッグを開始時に,選択した対象ポートと接続可能なポートの枠線を太く表示するように修正
  • ネームサービスビューにおい,ツリー表示されるオブジェクトリファレンスやネーミングコンテキストを右クリックする事で,IORやIORに含まれる情報(IPアドレス,ポート番号,ObjectKey等)を表示するように修正
  • コンフィギュレーションセットビューに詳細モードを追加し,アンダーバーから始まるコンフィギュレーションセット,コンフィギュレーションパラメーターの表示/非表示を切り替えられるように修正
  • システムリストア時に,マネージャーの機能を利用してコンポーネントの起動まで行えるように修正
  • ログの出力先をユーザーが指定できるように修正

RTCBuilder

  • 「アクティビティ」タブのコールバック名をダブルクリックすることで,ON/OFF を切り替えられるように修正
  • サービスポートに設定した IDL ファイル内で,#include の前にスペースがある場合でも内容をパースするように修正
  • 「基本」タブ内の ExecutionContext テキストボックスに文字入力を行った際の処理を修正
  • コンフィギュレーションパラメーターの型情報をアンダーバー付き隠しパラメーターとして生成するように修正
  • Java 版の生成コードに,データポート変数を初期化する処理を追加
  • C++ 版生成コードの using ディレクティブの位置を変更
  • ログの出力先をユーザーが指定できるように修正

過去のバージョン

latest Releases

For Begginers

Windows msi(installer) package (only trying samples)

Development environment is required for RT-Component development. See download page for details.

Number of Projects

OpenHRP3

Dynamics simulator

OpenHRI

Human-Robot-Interaction RTCs

OpenRTP

Integrated Development Platform

OpenINVENT

Mobile Robot RTCs