初心者向けシステム開発支援用RTC

初心者向けシステム開発支援用RTC

投稿者: 
arai1352
初心者向けシステム開発支援用RTC

概要

  • 各RTコンポーネントのデータポートから出力されるデータをグラフ化するRTコンポーネント(OpenRTM-Osiloscope)
  • OpenRTM-Osiloscopeの使い方を確認するためのRTコンポーネント(OpenRTM-Osillator)

特徴

データポートから出力されるデータをまとめてグラフにするRTコンポーネントです.複雑な設定がいらないため手軽に使用することができます.RTミドルウェアを触り始めた初学者を主な対象としています.計測したデータはcsv形式で出力可能です.
このRTコンポーネントの使用例を以下に示します.
  • モータのゲイン調整をおこなう場合
  • センサの感度調整をおこなう場合

仕様

  • 言語: Java
  • OS: Windows 7, windowsXP

データ型

現在サポートしているデータ型は以下のとおりです.
  • RTC::TimedLong
  • RTC::TimedShort
  • RTC::TimedDouble
  • RTC::TimedFloat

グラフの種類

横軸が時間軸(秒),縦軸がデータ値となっています. 最大表示可能なデータ数を10に制限しています.

注意事項

OpenRTM-Osiloscopeの動作が重い場合は,描画のフレームレートを下げて下さい.

今後のアップデート予定

  • サポートするデータ型の追加(配列型など)
  • グラフの種類の追加
  • 他のOSのサポート
  • OpenRTM-Osiloscopeの動作軽量化

ソースコード

ソースコードはgithubからダウンロード可能です。

問合先(メールアドレス): 
arai1352@gmail.com
Resources
Project Information
OS: 
Windows
言語: 
Java
OpenRTM ver.: 
1.0
Average: 
4
Average: 4 (4 votes)
最終更新日時: 
土, 2012-04-28 03:51

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1653
プロジェクト統計
RTコンポーネント288
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム