Project

General

Profile

Activity

From 09/03/2017 to 10/02/2017

10/02/2017

01:49 PM 機能 #4203: マスターマネージャから多言語のRTC(スレーブマネージャ)が起動できる
h2. get_loadable_modulesの動作確認
c++版、python版のSimpleIOのパスを rtcd_java.conf の manager.modules.load_path に設定しておく。
<pre...
katami

09/25/2017

02:57 PM 機能 #4203 (担当): マスターマネージャから多言語のRTC(スレーブマネージャ)が起動できる
マスターマネージャからC++、pythonのスレーブマネージャー(rtcd、rtcd_python)を経由してRTCを起動できるようにする。
katami
09:42 AM 機能 #4188 (担当): スレーブマネージャがマスターマネージャが存在するか定期的に確認する機能
katami

09/22/2017

05:06 PM 機能 #4190 (担当): create_componentで指定したRTCが起動済みの場合にRTCのインスタンスを返す
h2. 動作確認
マスターマネージャ起動(事前に、ConsoleOutのロードパスを設定して、preloadしておく。)...
katami
11:56 AM 機能 #4189 (担当): create_componentで指定するidの変更
h2. 動作確認
h3. rtc.confからのコンポーネント生成
あらかじめ、ConsoleOutのロードパスを設定して、preloadしておく。
rtc.confに追加(わざと「Javac」と指定)...
katami

09/19/2017

09:07 AM 機能 #4187 (担当): manager_nameに指定が無い場合にmanager_<プロセス番号>でスレーブマネージャを起動する
katami

09/14/2017

05:50 PM 機能 #4186 (担当): モジュールロード時のエラーを取得できるようにする
katami
12:10 PM 機能 #4187: manager_nameに指定が無い場合にmanager_<プロセス番号>でスレーブマネージャを起動する
h2. 動作確認
* マスターマネージャ起動
manager.modules.load_pathのpathは通しておく。...
katami

09/13/2017

11:22 AM バグ #3704: ECにアタッチされたRTCが即座に追加されないためACTIVATE時に適切に遷移しない問題
h3. テスト用のプログラムを変更して再度確認... katami

09/12/2017

05:09 PM 調査 #4200 (担当): openrtp(RTSE)でRTCの状態がACTIVEと表示されない
katami
05:08 PM 調査 #4200: openrtp(RTSE)でRTCの状態がACTIVEと表示されない
この動作確認では、participating EC からRTCをactivateしました。通常、openrtp(RTSE)のRTCの状態はオーナーECから取得した状態を示します。
openrtp(RTSE)を使用する場合は、実行コン...
katami
04:20 PM 調査 #4200 (担当): openrtp(RTSE)でRTCの状態がACTIVEと表示されない
#3704 の動作確認において、rthsell (rtls localhost/ -l) で確認したところ、 コンポーネントがActiveであることを確認できたが、openrtp(RTSE)で確認したところ、Sensor0.rtcだけ... katami

09/11/2017

03:17 PM バグ #4195 (担当): モジュールロードパスを複数設定した場合の不具合
katami
02:55 PM バグ #4195 (担当): モジュールロードパスを複数設定した場合の不具合
モジュールロードパスを複数設定して、Manager::createComponentでコンポーネントを生成した場合、対象のコンポーネントが存在するにもかかわらず、生成できないことがある。
+再現例+
* ./RTMExamples...
katami

09/08/2017

03:54 PM 機能 #4186: モジュールロード時のエラーを取得できるようにする
h2. 作業メモ
h3. 動作確認
マネージャー起動
rtcd_java.confでloadpath(manager.modules.load_path)は設定しておく。...
katami
02:22 PM 機能 #4186 (担当): モジュールロード時のエラーを取得できるようにする
katami
02:33 PM 機能 #4190 (担当): create_componentで指定したRTCが起動済みの場合にRTCのインスタンスを返す
指定したインスタンス名のRTCがマネージャで既に起動済みの場合にRTCのインスタンスを返す。 katami
02:32 PM 機能 #4189 (担当): create_componentで指定するidの変更
現在は以下の方式で指定している。... katami
02:29 PM 機能 #4188 (担当): スレーブマネージャがマスターマネージャが存在するか定期的に確認する機能
スレーブマネージャ起動時にマスターマネージャが起動していない、もしくは途中で通信できなくなった場合に、周期的にマスターマネージャの存在確認を行い存在する場合はマスターマネージャの登録を行う機能を実装する。 katami
02:27 PM 機能 #4187 (担当): manager_nameに指定が無い場合にmanager_<プロセス番号>でスレーブマネージャを起動する
create_component実行時にmanager_nameの指定が無く、実行中のスレーブマネージャでRTCが起動できない場合に、新たにmanager_<プロセス番号>というマネージャ名でスレーブマネージャを起動する。
スレーブ...
katami

09/07/2017

04:05 PM バグ #3704 (担当): ECにアタッチされたRTCが即座に追加されないためACTIVATE時に適切に遷移しない問題
h2. 動作確認
examples/Composite のSensorCompを利用して、初期化関数を以下のように変更
* ControllerとMotorはrtc.confで.soをロードしておく。
* 以下のように、...
katami

09/06/2017

03:24 PM 機能 #3225 (担当): 同一プロセスのコンポーネント間のデータポート接続で、データ転送をダイレクトに行うようにする
katami
03:23 PM 機能 #3225: 同一プロセスのコンポーネント間のデータポート接続で、データ転送をダイレクトに行うようにする
h2. 動作確認
* rtc.conf で ConsoleOut をpreload、precreate、preactivateする。
具体的には以下をrtc.confへ追加する。...
katami
02:48 PM 整備 #3039 (担当): ネームサービスに登録する名前のフォーマットに関する改良
katami
02:36 PM 整備 #3039: ネームサービスに登録する名前のフォーマットに関する改良
h2. 動作確認
ConsoleInを -oオプションで起動...
katami
12:03 PM 機能 #3394: ⑩ セキュアな通信機能
h2. JavaIDL の SSL 対応
Java標準のCORBAであるJavaIDLでは SSLは未対応のようです。
そのため、実装は見送ります。
h2. SSL が使用できるCORBA環境
SSLに対応したCO...
katami
10:46 AM 機能 #3398 (担当): ⑭ スレーブマネージャの名前によるグルーピング
katami

09/04/2017

04:39 PM 機能 #3386 (担当): ② ネームサービス操作関数セットの実装
h2. 動作確認
ConsoleIn と ConsoleOut でテスト
rtcname形式とrtcloc形式で preactivation でRTCを指定してアクティベイトしているか確認する。
# ConsoleOut起動...
katami
 

Also available in: Atom