RTコンポーネント

rtc.png

ここには、ユーザーが作成した様々な RTコンポーネントが登録されています。 コンポーネントの概要、スクリーンショット(または関連する図)、ページ、ソースコードまたはバイナリパッケージへのリンクがあり、自分の必要なコンポーネントを探してダウンロードすることができます。

なお、ここには NEDO 次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト(H19-H23)の成果、過去の RTミドルウエアコンテストの応募作品も含まれています。

>> 詳細検索

投稿者: 
masaki
教育用ロボットアームコンポーネントの開発

概要

教育用ロボットアームであるCRANE+を動力学シミュレータChoreonoid上で動作する環境を構築しました。 RTコンポーネントを使って簡単に動かすことができるのでロボットアーム教育に活用できます。

特徴

  • パソコン1台あればアーム制御を体験できます。
  • アーム制御RTCはOpenRTM-aist ロボットアーム共通インターフェース1.1に対応しているため,他システムへの応用もできます。
  • シェルスクリプトを使用しているので,スムーズにシミュレーション開始まで行うことができます。
投稿者: 
Myuji
移動ロボット開発支援のためのRTコンポーネント群

概要

  • 早稲田大学尾形研究室で開発された移動ロボット用プラットフォームであるMobileRobotNavigationFrameworkを実機とシミュレーションの両方で利用できる環境を構築する.

特徴

  • Choreonoid上で移動ロボットのモデルを用いた環境地図生成
  • MobileRobotNavigationFrameworkをlinux環境で動かすためのマニュアルの作成
  • LinuxでのMobileRobotNavigationFramework利用までのShellスクリプトの作成

仕様

  • 言語:C++
  • OS:Ubuntu 14.04
  • OpenRTM-aist-1.1.2-RELEASE

コンポーネント群

    投稿者: 
    yukinori

    概要

    OpenRTM上でMongoDBにアクセスするためのコンポーネント

    センサーやロボットから出力されたデータをMongoDBに格納します

    Kobuki,NAVIO+,Kinect用に作成

    任意のコンポーネント用に作成するためのドキュメントも用意

    RTC(スライド同梱)

    ZIPファイル

    必要なライブラリ

    • PyMongo
      • Version:3.3
      • License:Apache License,Version 2.0

    開発環境

    • OS:Windows 10 Home
    • 言語:Python2.7
    • OpenRTM-aist-1.1.0
    投稿者: 
    下山未来
    多目的利用が可能な画像出力RTコンポーネント

    概要

    画像処理はロボットに必要不可欠な機能です. カメラ画像の取得や出力方法を個々のユーザーに合わせることが必要となります. これまでに開発された追尾カメラ,写真撮影サービスを利用して,画像の多目的利用に対応できる画像出力RTCを開発しました.

    投稿者: 
    ayaka_tsuchiya
    少人数グループによるRTミドルウェアを用いたメディアアート制作

    概要

    • メディアアーティストやデザイナが簡単にRT技術を利用し、制作活動を行うことができる環境の実現を目指したコミュニティ活動
      • 様々なバックグラウンドの人たちによる開発
      • 少人数グループによるRTミドルウェアを用いたメディアアート制作

    コミュニティ活動

    • RTミドルウェアでメディアアートの制作と共有を行うためのブログ
    • MediA-RTコミュニティに参加している学部2年生によるブログ
    • twitter
      投稿者: 
      thorikawa

      概要

      本研究ではエンターテインメント用途のロボットの中でも,音とアニメーションが同調することで人を楽しませる,いわゆる「オーディオ・アニマトロニクス」で利用するためのRTコンポーネント群を作成する.
      作成したRTコンポーネントは「スクリプト制御」「音声合成」「サーボ制御」の3つから構成され,組み合わせによってスクリプトに沿ったオーディオ・アニマトロニクスの発話とアニメーションの処理を簡単に実装できる.

      ソースコード

      スクリプト制御

      https://github.com/thorikawa/rtc-script-reader

      サーボ制御

      https://github.com/thorikawa/rtc-johnny-five

      音声合成

      https://github.com/thorikawa/rtc-rospeex

      システム構成

      • 音声はPCと接続されたスピーカーから出力される
      • 現バージョンではロボット2台(arduino2機)までをPCと接続し、コントロールできる
      投稿者: 
      niimi

      概要

      • 「遠隔操作でボールを追いかけるロボット」を,Studuino(Arduino互換基盤)を使い開発しました.
      • アーテック社製Robotist及び,コントロールボードStuduino用のお手軽RTC
      • ゲームコントローラで,ハンド付き移動ロボットを操縦する
      • StarTno_01からスタートし,今後,02,03とシリーズ展開する


      StarTno_000.jpg
      投稿者: 
      Yuuki
      フォースフィードバック型ステアリングホイールRTC

      概要

      • ステアリングホイールコントローラのRTコンポーネント

      特徴

      • ステアリングとペダル操作からTimedVelocity2D型のデータを出力
      • 受け取ったTimedDouble型の値(-10000~10000)に対応した反力を生成することが可能

      仕様

      • OS:Windows 7
      • 言語:C++
      • 開発環境:Visual Studio 2010 Professional
      • その他:Directx9

      ダウンロード

      投稿者: 
      Hori Youtarou
      Prius RTC

      ZMP社のRoboCar HV(通称プリウス)をロボット化し、コントローラで駆動制御できるようにした。 ・センサーからの値により、ステアリング、アクセル、ブレーキの値を自動車に入力することも可能。 ソースコードなどは以下から参照ください。 (https://github.com/YoutarouHori/prius.git)

      投稿者: 
      Hane

      概要

      • Kinect v2を利用するためのRTC

      特徴

      • 複数の出力形式に対応
      • Kinect v2の仕様により,他コンポーネントとハードウエアの共用可能

      仕様

      • 言語: C++
      • OS: Windows 8.1
      • 必要ライブラリ: Kinect for Windows Runtime 2.0 or SDK 2.0

      コンポーネント群

      • KinectCamera:カメラ画像 (CameraImage、TimedLongSeq、TimedOctetSeq(JPEGデータ))
      • KinectDepth:深さ画像及び3次元点群 (PointCloud)
      • KinectHumanTracking:人物座標
      • (入力:水平面位置、三次元位置、KinectCameraの画像上の位置)

      ページ

      最新バージョン

      初めての方へ

      Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

      C++,Python,Java,
      Toolsを含む
      1.1.2-RELEASE

      RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

      統計

      Webサイト統計
      ユーザ数:1632
      プロジェクト統計
      RTコンポーネント286
      RTミドルウエア21
      ツール20
      文書・仕様書1

      Join our slack

      Enter email address for slack invite.

      旧Webサイト

      OpenRTM.org旧Webサイト

      OpenHRP3

      動力学シミュレータ

      Choreonoid

      モーションエディタ/シミュレータ

      OpenHRI

      対話制御コンポーネント群

      OpenRTP

      統合開発プラットフォーム

      産総研RTC集

      産総研が提供するRTC集

      TORK

      東京オープンソースロボティクス協会

      DAQ-Middleware

      ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

      VirCA

      遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム