フォースフィードバック型ステアリングホイールRTC

フォースフィードバック型ステアリングホイールRTC

投稿者: 
Yuuki
フォースフィードバック型ステアリングホイールRTC

概要

  • ステアリングホイールコントローラのRTコンポーネント

特徴

  • ステアリングとペダル操作からTimedVelocity2D型のデータを出力
  • 受け取ったTimedDouble型の値(-10000~10000)に対応した反力を生成することが可能

仕様

  • OS:Windows 7
  • 言語:C++
  • 開発環境:Visual Studio 2010 Professional
  • その他:Directx9

ダウンロード

ソース

  • ソースは以下からダウンロードできます。
  • (注)ビルドには別途DLLファイルが必要です。ご希望の方は問い合わせ先までご連絡ください。
  • https://github.com/yuuchana/SteeringRTC2

問い合わせ先

  • 東京理科大学 理工学研究科 機械工学専攻 修士1年 陳祐樹
  • email:7515639@ed.tus.ac.jp
問合先(メールアドレス): 
7515639@ed.tus.ac.jp
Resources
Project Information
OS: 
Windows
言語: 
C++
OpenRTM ver.: 
1.1
embedded video: 
Embedded thumbnail for フォースフィードバック型ステアリングホイールRTC
Average: 
4
Average: 4 (1 vote)
最終更新日時: 
水, 2015-11-11 12:56

コメント

投稿者: 

面白いRTCを共有くださりありがとうございます.特にフットペダルを使えるRTCは嬉しいです.

念のため,動作確認を行っているハードウェアについて,このページやマニュアルPDFについて記載をお願いしたいと思います.

最初の状態だと,TimedVelocity2Dでしたが,修正後のステアリング等を別々に取得できる点,英断だと思います.

コンフィグレーションについて,今少し説明をいただきたいです.フットペダルの入力に対するゲイン等を調整できるともっと良いと思います. あと,RTMには,TimedCarlikeというデータ型があり,このデータ型がステアリングとアクセル値を出力できるデータ型になっています. ただこれ,ブレーキ値とアクセル値を別々に出力できないので,今のRTCに加えて変換コンポーネントがあれば良い,程度だと思います. あまり使いやすいとは僕は思っていません,Carlike型.でも既存のデータ型がありますよ,ということだけ,念のためお伝えしておきます.

面白いです.ありがとうございました.

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.1.2-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1656
プロジェクト統計
RTコンポーネント288
RTミドルウエア21
ツール20
文書・仕様書1

旧Webサイト

OpenRTM.org旧Webサイト

OpenHRP3

動力学シミュレータ

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRI

対話制御コンポーネント群

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク

VirCA

遠隔空間同士を接続し、実験を行うことが可能な仮想空間プラットホーム