論文 (2016年)

国際学会

  1. Geoffrey BIGGS, Noriaki ANDO, "A formal specification of the RT-Middleware data transfer protocol", International Conference on SIMULATION, MODELING and PROGRAMMING for AUTONOMOUS ROBOTS (SIMPAR 2016), 2016.12

国内学会

  1. 安藤 慶昭, "OpenRTM-aist-1.2 の新機能", 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016, p.2P2-02b1, 2016.06, 横浜
  2. 安里 太緒, Geoffrey BIGGS, 安藤 慶昭, 原 功, 菅佑樹, 尾形哲也, "ロボットミドルウェアのダイナミックワイヤリングを利用したホットスタンバイアーキテクチャの提案", 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016, p.2P2-02b2, 2016.06, 横浜
  3. Geoffrey BIGGS, Noriaki ANDO, "Formally specifying the RT-Component framework standard’s port connection process", 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016, p.2P2-02b7, 2016.06, 横浜
  4. 安藤 慶昭, "状態遷移コンポーネントとデータポートに関する標準FSM4RTC について", 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会 2016 (SI2016), pp.2584-2587, 2016.12, 札幌
  5. 片桐 正典, 和田 一義, 花井 亮, 安藤 慶昭, "遠隔操作型双腕マニピュレータの視点制御", 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会 2016 (SI2016), pp.1675-1676, 2016.12, 札幌
  6. 宮本 信彦, 原 功, 高橋 三郎, 河内 のぶ, 安藤 慶昭, "RTミドルウェア講習会における小型移動ロボットの利用について", 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会 2016 (SI2016), pp.2561-2565, 2016.12, 札幌
  7. 大原 賢一, 菅 佑樹, Geoffrey BIGGS, 原 功, 安藤 慶昭, 平井 成興, "RTミドルウェアサマーキャンプ2016開催報告", 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会 2016 (SI2016), p.2583, 2016.12, 札幌
  8. 高橋 三郎, 花井 亮, BIGGS Geoffrey, 原 功, 安藤 慶昭, "コンポーネント指向RTシステム開発工程における有用なツール群に関する調査", 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会 2016 (SI2016), pp.2545-2550, 2016.12

論文公開規定について

本ページでは、各学会の論文公開規定に従って可能な限り論文原稿の公開を行っております。

Download

latest Releases

For Begginers

Windows msi(installer) package (only trying samples)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

Development environment is required for RT-Component development. See download page for details.

Number of Projects

Choreonoid

Motion editor/Dynamics simulator

OpenHRP3

Dynamics simulator

OpenRTP

Integrated Development Platform

AIST RTC collection

RT-Components collection by AIST

TORK

Tokyo Opensource Robotics Association

DAQ-Middleware

Middleware for DAQ (Data Aquisition) by KEK