VxWorksシミュレータの設定

このページではWind River Workbench上で動作するVxWorksシミュレータの設定について説明します。

シミュレータの追加

Workbenchデフォルトのシミュレータはlinux_diabシミュレータです。 OpenRTM-aistはgnuコンパイラを使用しているため、linux_gnuシミュレータを使用する必要があります。

Define a connection to remote systemボタンを押してシミュレータを追加してください。


sim1.png


New ConnectionウインドウのSelect Remote System Typeで""Wind River VxWorks 6.x Simulator Connection""を選択して次へ進んでください。


sim2.png


VxWorks Boot parametersではCustom simulatorにlinux_gnuシミュレータを指定します。

  • 例:/home/openrtm/WindRiver/vxworks-6.9/target/proj/linux_gnu/default/vxWorks


sim3.png


Network Optionsまで進んだら、ネットワークをFull Networkに設定してIPアドレスを設定してください。 Finishボタンをクリックするとシミュレータを作成します。


sim4.png


ネットワークインターフェースの起動

シミュレータ用のネットワークインターフェースを起動します。 以下のコマンドを実行してください。

 sudo ${WIND_BASE}/host/${WIND_HOST_TYPE}/bin/vxsimnetd

tap0というネットワークインターフェースが追加されます。

Ubuntu側で起動したネームサーバーを使う場合は、以下のコマンドでネームサーバーを再起動してください。

 sudo rtm-naming

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1839
プロジェクト統計
RTコンポーネント297
RTミドルウエア28
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク