LRF

投稿者: 
kawauchi

概要

  • レーザーレンジファインダを用いた地図作成および経路生成
  • 再利用性の高いデータ型変換コンポーネント

特徴

  • 既存のコンポーネントを利用することにより、簡単にロボットを遠隔から自律移動させることが可能

仕様

  • 言語: C++
  • OS: Windows 7(32bit)

コンポーネント群

新規作成

  • DataTypeChange:RTコンポーネントのデータ型を変換(TimedVelocity2D->TimedDoubleSeq,TimedPose2D->TimedDoubleSeqと変換)

再利用

    投稿者: 
    itoharu
    LRF SICK LMS2xx距離データ取得モジュール

    概要

      本プログラムはSICK社製LMS200シリーズ用の距離データ取得コンポーネントです。

    投稿者: 
    s-kurihara
    URGセンサRTコンポーネント on Armadillo240

    概要

    Armadilloと北陽電機URGセンサとを組み合わせ、分散センサシステムを簡単に構築するためのユニットです。 Armadillo240上ではURGセンサRTコンポーネントが動作します。

    投稿者: 
    ogasawara
    障害物検知モジュール

    概要)

     外界センサの情報から障害物情報を生成するコンポーネントです。

      - Urg_to_obstacles  測域センサ用障害物検知RTC
       (OpenRTM-aist 1.0.0-RC1 C++)

    注意事項)

      ・インターフェース等は今後インターフェースの共通化作業に伴い変更される可能性があります。

    ライセンス)

      BSDライセンス

    投稿者: 
    ogasawara
    LRF描画コンポーネント

    概要

      これはLRF描画コンポーネントです。
      LRFキャプチャRTCからの距離データを受け取り描画を行います。

    投稿者: 
    ogasawara
    URG用LRFキャプチャコンポーネント

    概要)

      本コンポーネントは北陽製レーザレンジファインダURGシリーズの
      データ取得用RTコンポーネントです。

    ライセンス)

      修正BSDライセンスを適用しています。
      詳しくは、ご連絡をお願い致します。

    連絡先)

      奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科
       robotics-staff@is.naist.jp
       〒630-0192 奈良県 生駒市 高山町 8916-5
       Tel: 0743-72-5376, Fax: 0743-72-5379

    ダウンロード

    最新バージョン

    初めての方へ

    Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

    C++,Python,Java,
    Toolsを含む
    1.2.1-RELEASE

    RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

    統計

    Webサイト統計
    ユーザ数:1839
    プロジェクト統計
    RTコンポーネント297
    RTミドルウエア28
    ツール22
    文書・仕様書1

    Choreonoid

    モーションエディタ/シミュレータ

    OpenHRP3

    動力学シミュレータ

    OpenRTP

    統合開発プラットフォーム

    産総研RTC集

    産総研が提供するRTC集

    TORK

    東京オープンソースロボティクス協会

    DAQ-Middleware

    ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク