LinuxにおけるOpenCVサンプルのビルド手順

Linuxにおいては一括インストールスクリプトの実行ではOpenCVサンプルコードはインストールされません。サンプルコードのインストールのためには、githubリポジトリよりソースコードを入手してビルドする必要があります。手順は以下のようになります。

  • OpenRTM-aistを一括インストールスクリプトを用いてインストールしてください。(以下の手順の実行にはC++版とPython版が必要になります。また、実際に動作させる場合にはOpenrtpが必要になることが多いかと思われます。それに合わせてオプションを指定してください。) 例えば
     $ sudo sh pkg_install_ubuntu.sh -l all --yes
  • OpenCV3.4以降をインストールする。(現状では3.4.5のみがテストされています。インストールにはソースコードビルドが必要なこともあります。)
  • 以下の手順でソースコードを入手してビルドしてください。
     $ sudo apt-get install git
     $ git clone https://github.com/OpenRTM/ImageProcessing.git
     $ cd ImageProcessing/opencv
     $ mkdir build
     $ cd build
     $ cmake ..
     $ make
     $ ./build_linux_package.sh
     $ sudo dpkg -i imageprocessing_1.2.1_amd64.deb

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1885
プロジェクト統計
RTコンポーネント300
RTミドルウエア30
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク