SEED PC

SEED PC

投稿者: 
En
SEED PC

高信頼の車載ネットワーク”CAN”を用いた分散型RTシステムを構築する際、
全体でコンパクトにまとめるために、上位コントローラとして、
超小型の組み込みデバイス”SEED PC” にminiRTCsを導入しました。

紹介ブログ http://blogs.dion.ne.jp/ko_panda/archives/cat_376615-1.html

問合先(メールアドレス): 
SEED.Robotics[at]gmail.com
Resources
Project Information
OS: 
Windows
Linux
言語: 
C++
OpenRTM ver.: 
1.0
Average: 
3.5
Average: 3.5 (2 votes)
最終更新日時: 
月, 2012-12-17 02:02

コメント

投稿者: 
En

これから更新していきます!

公開HPは試作中のため、パスワードを設定しています。

もしご興味お持ちいただけましたらご一報ください◎

En

投稿者: 

菅です.興味があります.

投稿者: 
En

試作中のHPのパスを個人様宛にお知らせしました。

いかがでしたでしょうか??

また、ブログも更新したので宜しければご覧になってください。 http://blogs.dion.ne.jp/ko_panda/archives/cat_376615-1.html

投稿者: 

元のRTC-Lite Managerでは,利用するCAN-USB変換機器の変更などを設定ファイルで簡単にできるようになっているにも関わらず, こちらの追加ファイルでは,ソースファイルにダイレクトにCOMポートの情報などが書かれてしまっているので,少し使い勝手が悪いように思います. やはり,COMポートを確認して毎回コンパイルするのはめんどくさいので,設定ファイルの方で簡単に設定できるようご検討いただければと思います.

投稿者: 

miniRTCの導入方法がまとめられて助かります。

セックのホームページでは、まったく情報が少ないだけに、miniRTCの導入方法がまとめられているので、素人には助かる情報かと思います。ただ、RTC-Lite Managerだけで終わらずに、SEED Driver上のデバイスRTCの簡単なデモも含めて、応用事例があると、より有効性が理解しやすいですね。SEEDPCは小型なので、組み込みボードのようにシステムに導入しやすいですが、値段が。。。。 SEEDPCの価格を下げるか、より低価格なボードで利用できるTOPPERS版がほしいところ。今後に期待。

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1837
プロジェクト統計
RTコンポーネント297
RTミドルウエア28
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク