受付など通過歩行時の人数推定RTCの開発

受付など通過歩行時の人数推定RTCの開発

投稿者: 
Tajima Nina
rtmコンテストプロジェクト画像.png

概要

  • LRFで複数人の軌跡を測定する
  • 軌跡をガウス過程回帰を用いることで予測する

特徴

  • 複数人の軌跡の補正を行う
  • 人の座標と人数を入力するだけで容易にトラッキング精度が向上する

仕様

  • 言語:C++, python
  • OS: Windows 10

コンポーネント群

開発したコンポーネント

ReceptionCommander RTC
  • コマンドを生成し,logger RTCとgaussian_process_multi RTCの起動と停止を行う.
logger RTC
  • HumanTracking RTCで取得した人の座標を記録する.
gaussian_process_multi RTC
  • 人の座標と人数を入力すると,ガウス過程回帰で人の軌跡を予測する

既存コンポーネント

URG RTC
  • LRFの値を取得する
HumanTracking RTC
  • 人を検出し,人の中心座標と端点を取得する

ソースコード・概要ppt・ユーザマニュアル

ソースコード
概要
マニュアル
問合先(メールアドレス): 
md20053@shibaura-it.ac.jp
Project Information
OS: 
Windows
言語: 
C++
Python
OpenRTM ver.: 
1.2
Average: 
0
まだ投票はありません
最終更新日時: 
火, 2020-11-24 18:46

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1862
プロジェクト統計
RTコンポーネント297
RTミドルウエア28
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク