移動ロボットコントローラ「T-Frog」対応RTコンポーネント

移動ロボットコントローラ「T-Frog」対応RTコンポーネント

投稿者: 
ysuga

移動ロボットコントローラ「T-Frog」対応のRTコンポーネントです.T-Frogを制御するためのソフトウエアライブラリypspurをRTコンポーネントにまとめました.

T-Frogとは筑波大学知能ロボット研究室の技術を社会に広めるためのプロジェクトであり,現在はツジ電子株式会社から二軸モータドライバ TF-2MD3-R6が販売されています.
T-Frogプロジェクト:http://t-frog.com

このモータドライバを用いることができるロボット筐体として,株式会社Doogより,移動ロボット「TEC-1」が販売されています.
上記のコントローラとこのモータドライバをお求めになれば,簡単なネジ締めと配線のみ(コネクタは付いてます)で移動ロボットを完成させることができます.
株式会社Doog製品ページ: http://jp.doog-inc.com/product-element-tec-1.html

このT-Frogを動作させるためのソフトウエアライブラリypspurを利用するためのRTコンポーネントです.

ypspurとは,openspur.orgで管理されている,移動ロボット制御用のソフトウエアライブラリであり,https://openspur.org/redmine/projectsからダウンロードすることが可能です.

本RTコンポーネントは,ypspurをインストールしたPCで使うことを前提としております.

問合先(メールアドレス): 
ysuga@ysuga.net
Resources
Project Information
OS: 
Windows
Linux
MacOSX
言語: 
C++
OpenRTM ver.: 
1.0
1.1
Average: 
0
まだ投票はありません
最終更新日時: 
金, 2015-07-03 10:53

ダウンロード

最新バージョン

初めての方へ

Windows msi(インストーラ) パッケージ (サンプルの実行ができます。)

C++,Python,Java,
Toolsを含む
1.2.1-RELEASE

RTコンポーネントを開発するためには開発環境のインストールが必要です。詳細はダウンロードページ

統計

Webサイト統計
ユーザ数:1838
プロジェクト統計
RTコンポーネント297
RTミドルウエア28
ツール22
文書・仕様書1

Choreonoid

モーションエディタ/シミュレータ

OpenHRP3

動力学シミュレータ

OpenRTP

統合開発プラットフォーム

産総研RTC集

産総研が提供するRTC集

TORK

東京オープンソースロボティクス協会

DAQ-Middleware

ネットワーク分散環境でデータ収集用ソフトウェアを容易に構築するためのソフトウェア・フレームワーク